2014年1月13日

インフィニティ、フォーミュラ1からインスピレーションを得たコンセプトカー
「Q50 Eau Rouge(オールージュ)」を2014年北米国際自動車ショーに出展

デトロイト / ホンコン ― インフィニティは13日、コンセプトカー「Q50 Eau Rouge(オールージュ)」を公開しました。本コンセプトカーは、プレミアムスポーツセダンである「インフィニティQ50」の高性能バージョンのデザインの方向性を示すもので、フォーミュラ1からインスピレーションを得ています。

このコンセプトカーは、米国デトロイトで開催中の2014年北米国際自動車ショーにて公開しています。スポーツカーにおける魅惑的なインフィニティデザインの一端を示すもので、専用のカーボンファイバーを用いたボディワーク、フォーミュラ1譲りの優れた空力性能、プレミアムな雰囲気あふれるコックピットと、力強くふんばり感のある佇まいを特徴としています。

インフィニティの社長であるヨハン・ダ・ネイシンは、「Q50スポーツセダンなどのインフィニティモデルにとって、パフォーマンスは重要な要素となります。フォーミュラ1への当社の参画は、インフィニティのデザイナーやエンジニアにインスピレーションや卓越性などを提供しています。」『Q50 Eau Rouge(オールージュ)』は、将来のパフォーマンスモデルにも適用される可能性のあるデザイン的特徴を示唆しています。もしインフィニティがこのような限定車をつくるとことになれば、500馬力(hp)以上のパワーをもって、ファンの皆様にアピールすることになるでしょう」と述べました。

本コンセプトカーの主な特徴は、深くてきめ細かいカーボンファイバーフロントスプリッター、リアデフューザー、サイドシルスカート、カーボンファイバールーフとドアミラーカバー、20インチの大径軽量鍛造合金ホイールです。更に、大型の一体型リアスポイラーの下に設けられたスポーツタイプのデュアルエグゾーストも装備しています。また、ホイールアーチは標準モデルより幅が20mm 広く、コンセプトカー用の特別なクリアコートは、赤い塗装色により深みを与えています。

本コンセプトカーのインテリアは、外観とマッチするカーボンファイバーのドアとセンターコンソールパネル、グリップ力の高いアルカンターラを用いたスポーツステアリングそしてフォーミュラ1スタイルのパドルシフトを採用しています。

以 上