現在位置
TOP > ニュース >

2013年7月8日

日産自動車、「日産アートアワード」を創設
-次代を担う日本人アーティストを支援-

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、この度、将来性のある日本の優れたアーティストに着目し、活躍を支援することを目的とした「日産アートアワード」を創設します。

日産アートアワードは、日産自動車が創立80周年を迎える本年を皮切りに、隔年で開催していきます。 第一回目となる「日産アートアワード2013」は、現代アートを対象に選考を行い、次代を担う精鋭の日本人アーティストに贈呈します。日産自動車は、本アワードが日本の文化の発展の一助となり、同社はもとより社会や人々に新たな発想や刺激が与えられることを目指しています。

NISSAN ART AWARD

日産アートアワード ロゴ

「日産アートアワード2013」は、2013年5月末に第一次選考を行い、世界を拠点に活動する美術関係者 5名からなる審査委員会により、8名のファイナリストを選出しました。ファイナリストの8名は、現在、9月に横浜にて開催される展覧会へ向けて新作を制作しており、展覧会期中の9月25日にはグランプリを決定、発表する予定です。グランプリに選ばれた方には賞金500万円が授与されます。

社長のカルロス ゴーンは「創造力は、社会の発展にとって非常に大切な資源であると強く信じています。日産アートアワードを通じて、創造力溢れる優れた日本人アーティストの活躍を支援することで、次世代へと続く日本社会の発展に貢献できればと思います。」と語りました。また、「日産自動車は創立以来、革新的で創造性に溢れるクルマ作りを目指してきました。それは『人々の生活を豊かに』という当社の企業ビジョンの表現でもあります。アートは社内外を問わず、さらなる創造力を育んでくれるものと信じています。」と語りました。

なお同社は、本日より、日産自動車グローバルサイト内に「日産アートアワード」の専用ページをオープンし、今後順次、本アワードに関する情報を提供していく予定です。

<関連URL>
「日産アートアワード」サイト http://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/NAA/

<日産アートアワード 2013について>
審査員

  • 南條史生氏

    森美術館館長(東京)

  • 逢坂恵理子氏

    横浜美術館館長(横浜)

  • 黄篤氏

    インディペンデントキュレーター(北京)

  • ジャン・ド・ロワシー氏

    パレ・ド・トーキョー館長(パリ)

  • ローレンス・リンダー氏

    カリフォルニア大学バークレー美術館 パシフィック・フィルム・アーカイブ館長
    (サンフランシスコ)

候補者推薦委員

  • 岩崎仁美氏

    クイーンズ美術館キュレーター(ニューヨーク)

  • 遠藤水城氏

    インディペンデントキュレーター(京都)

  • 住友文彦氏

    アーツ前橋館長(東京/群馬)

  • 中森康文氏

    ヒューストン美術館キュレーター(ヒューストン)

  • 吉田美弥氏

    インディペンデントキュレーター(ベルリン)

ファイナリスト
安部典子氏
小泉明郎氏
篠田太郎氏
鈴木ヒラク氏
西野達氏
増山裕之氏
宮永愛子氏
渡辺英司氏

日産アートアワード2013展覧会 について
期間: 2013年9月18日(水)〜11月4日(月) (※9月25日(水)は招待客のみとなります)
時間: 11:30-19:00
会場: BankART Studio NYK (神奈川県横浜市中区海岸通り3-9)
入場料: 入場無料

ブルーシチズンシップ

*ブルーシチズンシップ
ブルーシチズンシップは「人々の生活を豊かに」というビジョンを実現するための、私たち
日産の決意です。日産はお客さま、株主、従業員、地域社会を大切に思い、将来にわたって価値ある永続的なモビリティの提供に努めます。事業を通じて経済貢献すると同時に、社会の一員として、持続可能な社会の発展をめざします。

以 上

ページトップへ