現在位置
TOP > ニュース >

2013年6月21日

日産自動車株式会社
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社

日産自動車、世界最速の電力駆動レーシングカー「Nissan ZEOD RC」を公開

  • 「Nissan ZEOD RC」は、「日産リーフ」のリチウムイオンバッテリー技術を活用
  • 「Nissan ZEOD RC」は、時速300km以上のスピードを実現
  • 2014年のル・マン24時間レース参戦に向け、技術テストを開始

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は21日、時速300km以上のスピードを誇る世界最速の電力駆動レーシングカーである「Nissan ZEOD RC」を公開しました。

Nissan ZEOD RC

「Nissan ZEOD RC (Zero Emission On Demand Racing Car)」は、2014年のル・マン24時間でレースデビューを果たします。将来的なLMP1(ル・マン・プロトタイプ1)クラス参戦に向けて検討していくプログラムの一環として、日産は新しいレース用電動パワートレイン技術のテストを開始します。

本日公開されたこの新しいレーシングカーは、革新的で新しい技術を紹介する車両のための「ガレージ56」枠で、2014年のル・マン24時間に出場します。

日産/ニスモが運営する「Nissan ZEOD RC」の開発チームは、新たに日産のダイレクター・オブ・モータースポーツ・イノベーションに就任したベン・ボウルビーが指揮します。ボウルビーは2012年のNissanデルタウィング・プログラムを率いました。

「Nissan ZEOD RC」は来年のル・マン24時間レースに参戦する予定ですが、日産は本日、サルテサーキットのパブリックスペースに本車両を展示しました。今後も世界中のファンに向け、YouTubeで視聴可能な「NISMO TVチャンネル」を通じて継続的に情報提供を行っていきます。

日産の副社長のアンディ パーマーは以下のように述べています。「日産は、ゼロエミッション・モビリティのグローバルリーダーです。世界で最も歴史があり、最もタフで、最も有名な耐久レースにおいて、日産がこれまでバッテリー技術の開発で培ったことを皆さんにお見せできる機会を心待ちにしています。
また、「ガレージ56」枠での出場は、日産が将来的にル・マン24時間レースのLMP1クラスに復帰を目指す上で、日産の技術力を今後どのように活用できるのかということを評価するための、貴重な技術開発の機会となります。日産は、非常に多くのデータを得ることができるでしょう。」

また、「Nissan ZEOD RC」の設計者であるベン・ボウルビーは、このクルマの開発が将来のレースカーの「電気化」における重要な一歩となると確信しています。

「日産はこれまで電気自動車の技術開発において学んできたことを、新しいレーシングカーの開発に生かしたいと考えています。『Nissan ZEOD RC』開発チームは、パッケージングと空力性能の開発にも注力してきました。これらは極めて高い走行性能を実現するだけでなく、高いエネルギー効率をも実現します。」とボウルビーは語りました。

日産は、「Nissan ZEOD RC」用のタイヤを製作するため、フランスのタイヤメーカーのミシュランとパートナーシップを結ぶ予定です。フランスのクレルモン・フェランに本社を置くミシュランは、15年連続でル・マン24時間レースにおいてミシュラン装着車が優勝するという素晴らしい結果を残しています。

「Nissan ZEOD RC」は、今年の夏の終わりにテスト走行を始める予定です。2013年ル・マン24時間レースでは、LMP2クラス出場の22台中15台が日産のエンジン搭載車であり、今年も優勝を目指しています。2013年FIA世界耐久選手権では、第1、2戦のシルバーストン、スパ・フランコルシャンにおいて日産エンジン搭載車が上位を独占しています。

<関連情報>
「日産モータースポーツ」サイト

以 上

ページトップへ