現在位置
TOP > ニュース >

2012年11月20日

100%電気自動車「日産リーフ」をマイナーチェンジ
-国内販売会社における急速充電器設置拠点を700店舗に拡大-

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、走行中にCO2を全く排出しないゼロ・エミッション車の電気自動車「日産リーフ」をマイナーチェンジし、11月20日より全国一斉に発売すると発表しました。あわせて、同車の「ライフケアビークル(LV)」シリーズをマイナーチェンジし同日より全国一斉に発売します。

日産リーフ G

「日産リーフ」は走行中にCO2などの排出ガスを一切出さないゼロ・エミッション車として、高い環境性能を有すると同時に、リチウムイオンバッテリーと電気モーターの搭載による、力強く滑らかな加速性能、あらゆる速度域で高級車のような静粛性能、優れた重量バランスによる高い操縦安定性を実現させた今までにない運転感覚が、お客さまから高い評価を得ています。

今回のマイナーチェンジでは、「ゼロ・エミッション」、「今までにない運転感覚」、「ITによりいつでも"つながる"」といった従来からの特長をさらに磨き上げながら、たくさんのお客さまからいただいたご意見をもとに、特に以下のポイントを改良しました。

  • お求めやすい新グレード「S」の投入
  • 「本革シート」や「BOSE®*1Energy Efficient Series」「アラウンドビューモニター」など、魅力的な装備を追加
  • 大幅な軽量化や回生性能の向上、省電力暖房システムなどの採用により 満充電時の航続距離228km(JC08モード)を実現

また、日産はお客さまの利便性をさらに向上させていくため、急速充電器の設置を積極的に推進しており、国内販売会社での急速充電器設置店舗数を、現在の400店舗から、今年度末までに700店舗まで拡大していきます。これにより、国内販売会社の3店舗に1店舗以上の割合で急速充電器が設置されることになります。

「日産リーフ」は、持続可能なゼロ・エミッション社会に向けた新しいモビリティを提案する世界初の量産型EVとして、2010年12月に発売されました。現在まで累計で43,000台以上を販売しており、販売台数世界No.1のEVとなっています。日産は今後も電気自動車の普及促進に積極的に取り組んでまいります。

<全国希望小売価格(消費税込み)> (単位:円)  
駆動方式 原動機 グレード 価格  
2WD EM57 G 4,133,850 ☆掲載写真車種
X 3,757,950  
S 3,349,500  

「日産リーフ」は、全グレードが「エコカー減税」による減税措置に適合し、自動車重量税と自動車取得税が免税*2となります。さらに、最大78万円*3の購入補助金(2012年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を受給することができます。

仕様・装備の主な変更点は以下の通りです。

  • エクステリア
    • スポーティでスタイリッシュな17インチアルミホイールを採用(G)
    • 前型車に装着されていた16インチアルミホイールをメーカーオプションで設定(X)
    • 16インチフルホイールカバー(X,S)
    • ブルーリフレクションLEDランプを含むオートレベライザー付LEDヘッドランプを採用
      (Gに標準、X,Sにメーカーオプション)
    • フロントフォグランプを採用(Gに標準、X,Sにディーラーオプション)
    • 3つの新色「ダークメタルグレー(M)」「ブリリアントホワイトパール(3P)」「ホワイト」を含む全7色をボディカラーに設定(Mはメタリック、3Pは3コートパールの略。ブリリアントホワイトパールは特別塗装色)
  • インテリア
    • シックでエレガントなブラック内装色を採用
      (本革シートはG,Xにメーカーオプション、現行車に採用のエアリーグレーはG,Xに選択可能)
    • 後列中央席上下調整式ヘッドレストを採用
    • 小型化した充電器をフロント部に移動し、荷室容量を330Lから370Lに拡大
    • マルチファンクションディスプレイ内に、バッテリー残量をパーセントで表示する機能を追加
    • 足踏み式パーキングブレーキの採用
  • メカニズム-1 EV基本構造
    • モーター・インバーター・DC/DCコンバーターなど高電圧ユニットを一体化し、全体で容積30%、質量10%の大幅なサイズダウンを実現
    • 新設計のモーターにより、よりレスポンスのよい、胸のすく加速感を達成
    • 機能統合によるパワートレインのユニット一体化、バッテリーモジュールとケースの構造を合理化、その他各部パーツを軽量化することで、現行車と比べて約80kgの軽量化を実現
    • 下り坂でも音の変化やショックを感じることなく減速度を発生させるBレンジを新設定(G,X)
    • 中速域でのステアリング手応え向上、車両軽量化に伴うサスペンション特性の最適化などによるドライビング性能の向上を達成
  • メカニズム-2 電費改善
    • ヒートポンプ式キャビンヒーターや全席シートヒーター、ステアリングヒーター、遮熱天井を採用し、消費電力の低減に寄与
    • 回生ブレーキシステムの制御を変更し、より高効率に回生させることでエネルギー回収量の増加に貢献
  • メカニズム-3 充電
    • タイマー充電でしか選択できなかったロングライフモード(バッテリーの寿命を向上させる80%までの充電)を、すべての充電モードで対応
    • 普通充電コネクターロック機構の追加、夜間充電に便利なLEDライト、充電ポートリッドオープナーの電磁式化などによる充電操作部の利便性を向上
  • メカニズム-4 EV-IT
    • 航続距離に対するお客さまの不安を払拭する「立ち寄り充電スポット案内」「省エネルート案内機能追加」「到着時のバッテリー残量予測」の機能を追加
    • 目的の充電スポットを、より早く簡単に見つけることのできる「新規充電スポット検索」「満空情報提供」「急速充電機器設置スポット表示」「充電スポットの営業時間外表示」の機能を拡充
  • 仕様追加
    • 静粛性が高いEVの特性を活かしながら、軽量化と高効率化を図った7スピーカーシステム
      「BOSE® Energy Efficient System」を採用(G,Xにメーカーオプション)
    • 視認しにくい周囲の情報を映像で映し出す「アラウンドビューモニター」を採用
      (G,Xにメーカーオプション)
    • におい成分の分解と除菌効果のある「高濃度プラズマクラスター*4イオン発生器」を装備(G)
    • 坂道発進の際、後退の心配やあわてることなく発進が行える「ヒルスタートアシスト」を採用

日産は、新たに採掘する天然資源の最小化を環境戦略の重点活動の一つに掲げ、新車への再生材の採用を積極的に推進しています。今回のマイナーチェンジでは、従来からの再生材の採用に加え、新設計のモーターに使われているレアアース(ジスプロシウム)の使用量を、性能を犠牲にすることなく従来比で約40%削減することに成功し、クルマ作りにおいてもさらなる環境配慮を行っています。

  1. *1:BOSEは米国Bose Corporation の商標です。
  2. *2:同車は「環境対応車普及促進税制」の中で次世代自動車として、自動車取得税は、2015年3月31日までの新規登録車に対し、免税。
    自動車重量税は、2015年4月30日までの新規登録車に対し、免税。
    自動車税は、2014年3月31日までの新規登録車(登録翌年度から1年間適用)に対し50%軽減。
  3. *3:同車は「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象になっており、購入にあたり、一般社団法人 次世代自動車振興センターに申請し、審査・交付決定されることにより、補助金交付を受けられる。また、地方自治体ごとに独自の補助金施策をおこなっている場合もある。自家用乗用車の場合、補助金を受給するには6年間保有する義務がある。
  4. *4:プラズマクラスターはシャープ株式会社の商標です。

「日産リーフ」の詳細情報はこちらからご覧ください。
http://ev.nissan.co.jp/
http://www.nissan.co.jp/EVENT/TAX/LEAF/  (「日産リーフ」減税サイト)
http://ev.nissan.co.jp/LEAF/GRADE/  (「日産リーフ」補助金情報)
http://www.nissan-zeroemission.com/JP/  (「ゼロ・エミッション」サイト)


日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:宮谷 正一)は、今回マイナーチェンジした電気自動車「日産リーフ」をベースに、ライフケアビークル(LV) *シリーズを継続設定し、日産の販売会社を通じて、11月20日より全国一斉に発売します。
*: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいる。

日産リーフ「アンシャンテ 助手席回転シート G」

日産リーフ「アンシャンテ 助手席回転シート G」
<オプション装着車>

日産リーフ「ドライビングヘルパー G」

日産リーフ「ドライビングヘルパー G」
<オプション装着車>

日産リーフ「ライフケアビークル(LV)シリーズ」には、助手席が回転して乗降時の負担を軽減する「アンシャンテ 助手席回転シート」と両足が不自由な方が両手だけで運転できる「ドライビングヘルパー オーテックドライブギアタイプe」を設定しています。

<日産リーフ「アンシャンテ 助手席回転シート」>
簡単な手動操作で助手席を車両の外側に回転させることで、車への乗り降りが容易にできる車両です。 回転シートとあわせて使うことで乗り降りがさらに楽になる「助手席アシストグリップ」や、ラゲッジスペースに収納した車いすを固定するための「車いす固定用ゴムネット」、車いすの出し入れ時にバンパーへの傷付き防止と車いす固定を兼ねた「リヤバンパープロテクター」をオプション設定しています。

<日産リーフ「ドライビングヘルパー オーテックドライブギアタイプe」>
「オーテックドライブギアタイプe」は、電子制御方式のアクセルを採用した手動運転装置であり、手元のコントロールグリップで行うアクセル操作は、軽い力でかつ滑らかに行えます。またパームレスト(台座部分)に手を置いたままアクセル操作ができるため、上体が安定し、長時間運転する際の体の負担も軽減します。
アクセル・ブレーキを左手で操作するため、右手だけでステアリング操作するためのステアリングノブや車いすから運転席へ移乗の時にボディを傷付き防止のサイドシルガード、車いすに座ったままでもバックドアが閉められるバックドアストラップを標準装備しています。

日産リーフ「ライフケアビークル(LV)シリーズ」は、全グレードが「エコカー減税」による減税措置に適合し、自動車重量税と自動車取得税が免税*1となります。さらに、最大78万円*2の購入補助金(2012年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を受給することができます。

  1. *1:同車は「環境対応車普及促進税制」の中で次世代自動車として、
    自動車取得税は、2015年3月31日までの新規登録車に対し、免税。
    自動車重量税は、2015年4月30日までの新規登録車に対し、免税。
    自動車税は、2014年3月31日までの新規登録車(登録翌年度から1年間適用)に対し50%軽減。
  2. *2:同車は「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象になっており、購入にあたり、一般社団法人 次世代自動車振興センターに申請し、審査・交付決定されることにより、補助金交付を受けられる。また、地方自治体ごとに独自の補助金施策をおこなっている場合もある。自家用乗用車の場合、補助金を受給するには6年間保有する義務がある。
<全国希望小売価格(消費税込み)> (単位:円)  
車種 駆動方式 原動機 ベース車
グレード
価格  
アンシャンテ 助手席回転シート 2WD EM57 G 4,162,200 ☆掲載写真車種
X 3,786,300  
ドライビングヘルパー  ※1 2WD EM57 G 4,217,000 ☆掲載写真車種
X 3,859,000  
※1 車両(オプション含む)の消費税が非課税。

以 上

ページトップへ