現在位置
TOP > ニュース >

2012年9月12日

日産自動車、 「TeRRA (テラ) 」SUVコンセプトをパリモーターショーで公開
〜ゼロ・エミッションに限界なし、持続可能性をオフロードへ〜

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロスゴーン)は12日、2012年パリモーターショーで「TeRRA(テラ)」 SUVコンセプトを公開すると発表しました。同車は、「SUV」と「EV」という日産の2つの優れた強みを組み合わせたコンセプトモデルです。オフロード走行と、都市部での静かで滑らかな走りを両立させるクルマで、革新的な4x4の燃料電池パワートレインと、一クラス上の風格を感じさせる堂々とした外観により、ゼロ・エミッションSUVという新たな領域における持続可能性を提案します。

「TeRRA(テラ)」は、「ムラーノ」や「キャシュカイ」など、日産が強みとする都市部向けのSUV/クロスオーバーをベースに作られたクルマですが、合わせて日産のゼロ・エミッションの知見が燃料電池車にまで及ぶことを明確に示した、唯一の「ゼロ・エミッションSUV」です。「つながり」を重視する若いお客さま向けに、機能的で柔軟性を備えた選択肢としてデザインされており、お客さまの環境に配慮したいという思いと、安心感を求める思いに応えるクルマとなっています。

日産の商品戦略室副本部長のフランソワ バンコンは、「本コンセプトでは、日産のSUV/クロスオーバーの強みをゼロ・エミッションの領域まで広げると同時に、日産が燃料電池車をゼロ・エミッション社会の新たな提案として明確に示すことに挑戦しました。また、オフロードを走る大きなタフなクルマではなく、日常の生活にも適したSUVを作り上げたかったのです。ユニークで革新的なシートレイアウトにより乗員の視界を広げることは、どのような環境でも全てをコントロール可能な感覚を乗員に与え、刺激的なドライビングエクスペリエンスを実現しています」と述べました。

タフな外観と、温かく心地よい室内
日産のデザイン担当常務執行役員の中村史郎は、「私たちは、この車をデザインする際、北欧の若者のライフスタイルを思い浮かべることから始めました。自然の情景を思い浮かべながら車の外観を考え、ゼロ・エミッションの未来という私たちのヴィジョンと共に、今までのSUVの伝統をより逞しい方法で表現し直しました」と語りました。

「大きなタイヤ、高いベルトライン、太いピラーと細いサイドウィンドウというSUVの要素だけでなく、ホイールアーチ上に張り出したフェンダーに囲まれたスレンダーなウエスト部分と、彫刻的なフードにより、外観から分かる逞しさを作り上げました。シャープなボディの四隅、短いオーバーハング、彫刻的なランプが、すっきりとして堂々としたスタンスを印象付ける役割を果たしています。目を引くカラーリングの空力に優れたフラットなボディパンが、車体下部全体を覆うことで、モダンでタフなイメージを作り上げています。」

ドアを開ければ、包み込まれるようなインテリアに驚かされます。木製のドアパネルと、色付きのアクリルは見事に融合しています。室内を肩の高さで取り囲むメタルフレームは、乗員に安心感を与えます。ウッドとメタルのコントラストは、ダッシュボードまで続いており、ブナ材とアクリルの組み合わせが柔らかな温かさを醸し出しています。運転席では、ステアリングとコンソールが、ダッシュパネルのクリーンなラインを邪魔することなく配置されています。

シームレスなデジタルスペース
ドライバーの目の前にあるのは、特徴的なインストルメントパネルです。インテリジェントキーの役割も果たす電子タブレットをドライバーが車に差し込むことで車を起動させることが出来ます。「TeRRA(テラ)」に取り付けられたタブレットは、画面に速度や主要な性能を表示するようになっていますが、エンターテインメント、通信、ナビゲーションなど、タブレットを使用して他の画面に簡単に切り替えることが出来ます。クルマに乗っていない時には、タブレット端末として求められる全ての機能を提供します。運転しているときもそれ以外も、シームレスな情報とコミュニケーションを提供可能にしています。

新鮮な視界を
「TeRRA(テラ)」のドライバーは、中央寄りに配置されたフロントシートに座るため、視界が開け、すばらしい視認性が確保されています。また、後席の乗員は、斜めに配置されたユニークなシートレイアウトにより、フロントの乗員の真後ろではなく、肩越しに前を見ることになり、全ての乗員が前方の景色を楽しむことが出来ます。

シート自体も、デザインの様々な面に使われている六角形のモチーフを表現しています。3つのシートを折り畳むと、「TeRRA(テラ)」の室内デッキは完全にフラットになり、自転車やカヤック、あるいは家具などを積む際に何の障害物もありません。このフラットな面は、ゼロ・エミッションコンセプトカーである「TeRRA(テラ)」の可能性を生み出すコンパクトなパワートレインパッケージのメリットのひとつです。

4輪駆動のパワーで排気はゼロ
今回発表するコンセプトカー「TeRRA(テラ)」に搭載される4輪駆動の燃料電池パワートレインは、決して遠い未来を描いた想像上のものではありません。

前輪を駆動するのは、電気自動車の「日産リーフ」に採用されているシステムです。後輪はそれぞれ、既に発表しているコンセプトカー「PIVO」シリーズのような、実用レベルのプロトタイプをベースにしたインホイールモーター(IWM)を搭載しており、4輪駆動となっています。後輪を駆動するのにドライブシャフトを必要としないため、室内やアンダーボディに突起がなく、フラットな室内デッキを実現しています。

また、フード内には、日産独自の水素燃料電池を搭載するのに十分なスペースが確保されています。フラットで非常にコンパクトな、世界トップレベルの出力密度2.5kW/Lの燃料電池は、1996年以降に日産が開発した燃料電池の中で最新のモデルであり、2005年の前型と比べて、必要な貴金属の量が4分の1に減ったためコストは6分の1となっています。

「TeRRA(テラ)」は純粋なコンセプトカーですが、水素が広く普及すれば、すぐに燃料電池自動車を量産する準備が整っているという、日産の姿勢を示すものです。

以 上

ページトップへ