現在位置
TOP > ニュース >

2012年7月3日

日産自動車、大阪府及び大阪市と共同で節電対策を実施
〜100%電気自動車「日産リーフ」と電力供給システム"LEAF to Home"をセットで250台無償提供〜

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は3日、大阪府、大阪市と共同で、電力供給システム"LEAF to Home"を活用した節電対策「日産リーフで節電アクション」を実施し、安定的な電力需給に貢献すると発表しました。

日産は、電気自動車「日産リーフ」とニチコン株式会社(本社:京都市中京区、会長:武田一平)が開発した"EVパワーステーション"を、大阪府、大阪市の官公庁施設に50台、大阪府内の民間向けに200台、合計250台をセットで無償提供します。民間向けについては、大阪府在住のお客様(介護指定事業者や一般企業の法人を含む)を対象に希望者を募集します。
※日産リーフの無償提供は2012年度末(2013年3月末)まで。

電力供給システム"LEAF to Home"は、「日産リーフ」に搭載している駆動用の大容量リチウムイオンバッテリーから電気を供給するシステムです。
夜間電力や太陽光発電を使って「日産リーフ」に充電し、蓄えた電気を日中の電力需要が高まる時間帯に使用することで、電力消費のピークシフトに貢献します。さらに、停電時や非常時などには、バックアップ電源としても活用が可能です。

大阪府及び大阪市と共同で同日行われた記者会見に出席した日産の最高執行責任者(COO)志賀俊之は「"LEAF to Home"は、夜間にクルマのバッテリーに充電した電気を、電力需要の高い昼間に住宅やオフィスに使うことで、ピークシフトに貢献する全く新しいシステムです。節電は今や年間を通じた国民が取り組べき重要な問題です。 "LEAF to Home"の活用によって、大阪における大規模なピークシフトに貢献できることを嬉しく思っています」とコメントしました。

日産は、今後も電力需給対策が求められる地域を中心に、 "LEAF to Home"活用による節電対策の支援を行っていきます。

【民間向け募集要項】

  • 募集期間

    7月3日(火)14:00から16日(月) 18:00まで

  • 応募対象

    大阪府在住の個人、大阪府内の介護指定事業者や一般企業の法人

<応募方法>
専用ウェブサイト    http://setsuden-leaf.jp/osaka

<本プロジェクトに関するお問合せ>
「日産リーフで節電アクション」事務局
事務局連絡先    0120-86-6623(フリーダイヤル)

  1. *応募多数の場合は抽選となります。
  2. *車両の登録手続き料及び任意保険については、お客様負担となります。
  3. *納車、アフターサービス等につきましては、日産大阪販売株式会社が担当します。

<関連リンク>
「日産ゼロ・エミッション」サイト
「日産リーフ」WEBカタログ

以 上

ページトップへ