現在位置
TOP > ニュース >

※本リリースはロシア現地時間5月21日(月)午後3時30分 (日本時間同日午後8時30分)にモスクワで配信されたリリースを参考和訳したものです。

2012年5月22日

日産自動車 ロシアでの生産能力を強化

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は21日、大きく成長するロシア市場での販売を支えるべく、ロシア国内の現地化の推進に関連する計画を発表しました。主な内容は以下の通りです。

  • サンクトペテルベルグ工場の年間生産能力を倍増
  • ロシア向けの次期型キャシュカイをサンクトペテルベルグ工場にて生産
  • アフトワズのトリアッティ工場にてダットサン車種を生産
  • 2016年までに、現地の生産比率を80%まで高める

今回の発表は、モスクワ訪問中の副社長のコリン ドッジにより行われました。今回の同副社長の訪問や、計画の発表は、ロシア市場に向けた同社の長期的な成長戦略を反映するものです。

日産は2016年までに、ロシア市場における販売を2011年度の161,000台から3倍に増やし、市場占有率を現在の5.9%から10%に拡大することを目指します。

上記の販売拡大を支える為、2014年にはサンクトペテルベルグ工場の年間生産能力を、現在の倍となる100,000台とする予定です。同工場では「ティアナ」、「エクストレイル」、「ムラーノ」を生産しており、昨年の3シフト制導入に伴い50,000台に達した生産能力をさらに拡大することとなります。

日産は1億6,700万 ユーロを投じて、プレス・樹脂工場など、合計50,000uにおよぶ生産設備を追加します。100,000台への生産能力増強に伴い、サンクトペテルベルグ工場は同一ラインで5車種の生産を行うことが可能になります。

この5車種の中にはロシア市場向けの次期型キャシュカイも含まれます。同車を現在生産している英国のサンダーランド工場は、今後もロシア市場向け以外のキャシュカイの生産を継続します。

日産はロシアでの戦略的なパートナーシップの拡大も目指しています。アライアンスのパートナーであるルノーと、ロシアン・テクノロジー社との覚書を締結し、ロシア最大の自動車会社である、アフトワズ社のアライアンスとしての保有資本を、従来の25%から50%以上に拡大することを発表しています。

アフトワズ社のトリアッティ工場は、今後ダットサン車の生産において重要な役割を果たすことになります。

本年3月、日産はロシアを含む成長市場において、ダットサンブランドとして、年々増えるお客さまのニーズに応えるべく、現地の要件を満たし、現地で生産される、魅力的な商品を投入することを発表しました。

ロシア市場でもダットサンブランドは、日産全体の成長に大きく貢献することを期待されており、最終的にダットサンブランドは、日産全体の30%の販売を担う見通しです。

副社長のドッジは、「ロシアは欧州で最大の市場となり、中期的には規模においても、その重要度合いにおいても、大きな成長をすることでしょう。2016年には、欧州全体の販売の3割を担うと見込んでいます」と述べました。

また、「日産はロシアにおいて、既に日本の自動車メーカーとして最大、輸入車ブランドしても大きな存在として、確固たるプレゼンスがあります。しかし、我々をこれを更に拡大し、販売を3倍に増やして市場占有率を倍増させたいと考えています。これを達成する為に、今後もあらゆる商品やサービスをお客さま中心に捉え、革新的な、市場で開発・生産された車種を提供していきます」と語りました。

2016年度までには、ロシア市場の車種のうち、80%までがロシア国内で生産される予定です。商品のラインアップは品質・品揃え・納期のどれにおいても、ロシアのお客さまの期待にお応えしていきます。

日産のロシアでの2011年度販売は、前年同期比57%増と大幅に拡大し、161,000台に達しました。2012年度からは、新型セダンの「アルメーラ」を発売し、ロシア市場の主要となっているセグメントに初めて商品投入します。

ロシア市場専用車として開発される同車は、高い商品価値を持ち、日本車としてのデザイン、競合車に勝る広い室内が特徴です。グローバルレベルの品質を保ちながら、アフトワズ社のトリアッティ工場にて生産されます。

以 上

ページトップへ