現在位置
TOP > ニュース >

※本リリースは米国東部標準時間4月4日に北米日産が発表したリリースを参考和訳したものです

2012年4月5日

日産「アルティマ」2013年モデル
ニューヨーク国際オートショーで世界初お披露目

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、ニューヨーク国際オートショー(4月6日〜15日)にて新型「アルティマ」を公開しました。

日産「アルティマ」2013年モデル

日産「アルティマ」2013年モデル
5代目となる新型「アルティマ」は、2012年夏に発売予定です。新型「アルティマ」は、セグメントトップクラスの燃費や、力強く空力性能に優れたエクステリアデザイン、高級感のあるインテリア、優れた乗り心地や加速性能を特長としています。
また、新型「アルティマ」は、日産の「Innovation for All」という考えに基づき、ストリーミングオーディオ付きBluetooth®ハンズフリー電話システムや、NissanConnectSM およびNissanConnectSMナビゲーションが搭載されており、ハンズフリーテキストメッセージ、音楽配信サービスのPandora®、リアルタイムGoogle POIサーチ等のBluetooth®電話接続機能が利用可能です。また、ブラインドスポットワーニング(BSW)、レーンデパーチャーワーニング(LDW)、ムービングオブジェクトディテクション(MOD)など、最新のセーフティ・シールド技術も採用しました。

上質なインテリアには、NASAから着想を得た新しい「ゼログラビティ*」フロントシートが装備されており、テキストメッセージ、音楽データなどの情報を表示させるアドバンスド・ドライブアシスト・ディスプレイがメーターの中央にレイアウトされています。

エンジンは、新設計の2.5リッター直列4気筒エンジンと3.5リッターV6エンジンがラインナップされ、次世代エクストロニックCVT(無段変速機)との組み合わせとなります。そして、アルティマの4輪独立サスペンションは、同セグメント初のアクティブアンダーステアコントロールを採用し、洗練された応答性の高いハンドリングを実現しています。

「アルティマ」2013年モデルは、お客さまの幅広いニーズに合わせ、7つのグレードを用意しています。

また、日産は今回のニューヨーク国際オートショーで、次世代のニューヨーク市タクシーに選ばれた「NV200」と新型「パスファインダー」のコンセプトモデル「パスファインダーコンセプト」も出展します。

「アルティマ」2013年モデルと新型「パスファインダー」は、日産が今後15ヶ月間に発売予定の新型5車種のうちの2車種となります。日産は2011年暦年、米国において6年連続で市場シェアを伸ばしました。アルティマは、米国で2番目に販売台数の多い車種となっています。同車は、本年7月に全米の日産ディーラーで発売され、メーカー希望小売価格は21,500ドルからとなります。新型「パスファインダー」は本年秋に発売される予定です。

ゴーンCEOは、「新型『アルティマ』は、そのスタイルや性能、提供する価値によって、今後もアメリカで最も人気のあるクルマのひとつであり続けるでしょう。」と述べました。

また、「『NV200』次世代ニューヨーク市タクシーは、日産の商用車ビジネスにおけるグローバルな経験をベースとし、ニューヨーク市のタクシードライバーや利用者による要望を反映しています。これまでにないレベルの革新性と快適性を、ニューヨークでタクシーを利用する60万人のお客さまにお届けすることになります」と述べました。

  1. * ゼログラビティ(=無重力)」フロントシートは、NASAが測った無重力状態でのヒトの姿勢を参考にし、骨盤から胸にかけて身体の重たい部位を連続的にしっかりと支えることで、筋肉や背骨の負担を軽減して、長時間走行時の疲れを大きく軽減します。

以 上

ページトップへ