現在位置
TOP > ニュース >

2012年1月13日

日産自動車、「マーチニスモコンセプト」を発表

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は13日、東京オートサロン2012において、「ジュークニスモコンセプト」, 「リーフニスモコンセプト」に続く高性能プレミアムスポーツ第三弾となる「マーチニスモコンセプト」を公開しました。

フロント リヤ

「マーチニスモコンセプト」

今回公開した「マーチニスモコンセプト」は、マーチをベースにニスモ製の専用パーツを装備し、エキサイティングドライビングを身近に楽しむことができるプレミアムスポーツコンパクトのあり方を示したモデルです。

エクステリアは、ニスモのレーシングテクノロジーにより優れた空力特性を発揮する専用のエアロパーツを装着し、フロントグリルのパターンも変更することで、より低く、より大胆で、存在感のあるスタイリングとしました。
また、クルマの空力性能をさらに向上させるため、ドアミラーの形状を変更し、テールゲートスポイラーにもリップスポイラーを加えています。
インテリアには、ドライバーとクルマの一体感を高めるため、ニスモ製の専用シートやステアリングホイールを装備しました。
ボディーカラーはパールホワイトに赤いアクセントカラー採用し、「ジュークニスモコンセプト」同様、ニスモの高性能プレミアムスポーツを象徴するカラーリングとしています。
さらに、高性能サスペンションや大径軽量ホイールを装備するなど、ニスモの培ってきたレーシングテクノロジーを導入することで操縦安定性を向上させ、さらなるスポーツドライビングの楽しさを提供します。

以 上

ページトップへ