現在位置
TOP > ニュース >

2012年1月11日

「セレナ」が2011年ミニバン販売台数ナンバーワンを獲得

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)のミニバン「セレナ」は、2011年(1-12月)の販売台数が84,359台となり、ミニバン販売台数 第1位*1となりました。

セレナ

「セレナ」は、室内空間の広さや使い勝手の良さに加えてクラス*2トップの低燃費14.6km/L(JC08モード) *3を実現する環境性能の高さがお客さまから好評を得ており、販売台数の約90%がアイドリングストップシステム搭載車(PURE DRIVE*4)となっています。
また、9月には家族に人気の高い装備を標準装着した特別仕様車「ハイウェイスターVセレクション」を発売し、家族のためのミニバンである「セレナ」の魅力をより高め、販売にも弾みをつけました。
さらに幅広いお客さまのニーズにお応えするため、10月にはオーテックジャパンよりカスタマイズカー「ライダー パフォーマンススペック」、12月にはVセレクションにエアロパーツを標準装着した特別仕様車「ハイウェイスター Vエアロセレクション」を追加し、ラインナップを充実させています。

尚、「セレナ」は全車が「平成22年度燃費基準+25%」を達成しており、国土交通省の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が75%減税されます。

日産は、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」を二本柱として、CO2排出量の削減に取り組んでいます。「セレナ」もアイドリングストップシステムを搭載したPURE DRIVEです。

  1. *1: ミニバンとは3列シートの国産車を指す。ミニバン順位は日産調べ。
  2. *2: 2.0Lクラスの8人乗りミニバン(3列シート車)。(2012年1月現在 日産調べ)
  3. *3: JC08モード走行燃料消費率(国土交通省審査値) (2WDアイドリングストップ付き車)
  4. *4: PURE DRIVEとは、現在広く普及しているエンジン車に最適な次世代環境技術(アイドリングストップ、クリーンディーゼル、ハイブリッドなど)を搭載し、クラストップレベルの低燃費を実現するエンジン進化型エコカー。

<関連URL>
「セレナ」WEBカタログ
http://www.nissan.co.jp/SERENA/

以 上

ページトップへ