現在位置
TOP > ニュース >

2011年12月3日

「日産リーフ」、2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は、同社の100%電気自動車「日産リーフ」が「2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー」(主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)を受賞したと発表しました。

「日産リーフ」

「2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考結果は本日、第42回東京モーターショー2011*1の会場にて発表されました。本年で第32回となる「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の長い歴史の中で、電気自動車が同賞を受賞するのは初めてのこととなります。

「日産リーフ」は、走行中にCO2などの排出ガスを一切出さないゼロ・エミッション車であり、最適に配置されたリチウムイオンバッテリーや高性能モーター、高度な制御技術などによって、力強く滑らかな加速性能、優れた静粛性と乗り心地、高い操縦安定性を実現しています。また、専用のITシステムを搭載し、携帯電話等からリモート操作を行えるようにするなど、より快適で楽しいカーライフを提供します。さらに、「日産リーフ」に搭載した大容量リチウムイオンバッテリーからは一般住宅への電力供給も可能となる予定であり、クルマが移動手段としてだけではなく、蓄電機能を持つ社会インフラの一つとなるなど、持続可能なゼロ・エミッション社会に向けた新しいモビリティの価値を提案しています。

社長のカルロス ゴーンは、「私たちはこれまでにグローバルで約2万台の日産リーフを販売し、誰もが買うことのできるゼロエミッションモビリティをグローバルにお届けする、という約束を果たすことができました。今回の受賞は日産の力だけでなく、お客さまのご支援があったからこそ受賞できたものです。皆さまに感謝申し上げます。」と述べました。

「日産リーフ」は、国内の「2012年次RJCカー オブ ザ イヤー」(特定非営利活動法人日本自動車研究者・ジャーナリスト会議主催)、「2011〜2012日本自動車殿堂カーオブザイヤー」(特定非営利活動法人日本自動車殿堂主催)に加え、「欧州カー・オブ・ザ・イヤー2011」、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2011」も受賞しておりますが、今回の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞により、その商品力の高さがあらためて評価されたといえます。

  1. *1 東京ビッグサイト(東京都江東区有明 3-11-1)にて、2011年12月3日(土)〜12月11日(日)で開催。

<関連URL>
日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト
http://www.jcoty.org/
「日産リーフ」サイト
http://ev.nissan.co.jp/
「日産ゼロ・エミッション」サイト
http://www.nissan-zeroemission.com/JP/

以 上

ページトップへ