現在位置
TOP > ニュース >

2011年12月1日

「日産リーフ」、2011-2012日本自動車殿堂カーオブザイヤーと
2011-2012日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤーを受賞

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は、「日産リーフ」が特定非営利活動法人「日本自動車殿堂」が主催する「2011-2012日本自動車殿堂カーオブザイヤー」と「2011-2012日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー」を受賞したと発表しました。

「日産リーフ」

「日産リーフ」

「日本自動車殿堂カーオブザイヤー」の受賞理由は、以下の通りです。

  1. 1. 世界に先駆け量産型EVを開発した勇気
  2. 2. 海外でも認められた高い商品力
  3. 3. 自動車の利便性を広げたEV-ITシステム

また、「日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー」の受賞理由は、以下の通りです。

  1. 1. EVセダンの先駆けとして熟慮したスタイリング
  2. 2. 風切り音の低減など空力特性を重視したフォルム
  3. 3. 新時代を予感させるインテリア・デザイン

「日産リーフ」は、持続可能なゼロ・エミッション社会に向けた新しいモビリティを提案する新開発の量産型EVであり、専用のITシステムを搭載し、携帯電話等からリモート操作を行えるようにするなど、より快適で楽しいカーライフを提供します。また、エクステリアデザインは流麗さと空力特性を磨き上げ、インテリアは明るくクリーンな「エアリーグレー」を基調としたシンプルで流麗な室内空間に、視認性、操作性、心地よい触り心地などを追求しています。さらに、車両に搭載した大容量のリチウムイオンバッテリーから電力を供給し、家庭用の電源として活用できるようにするなど、モビリティの新しい価値を提案しています。

<関連URL>
特定非営利活動法人「日本自動車殿堂」公式サイト
http://www.jahfa.jp/
「日産リーフ」サイト
http://ev.nissan.co.jp/
「日産ゼロ・エミッション」サイト
http://www.nissan-zeroemission.com/JP/

以 上

ページトップへ