現在位置
TOP > ニュース >

2011年6月15日

新型「ラフェスタ ハイウェイスター」を発売

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は15日、「ラフェスタ ハイウェイスター」をフルモデルチェンジし、6月15日より全国一斉に発売します。

ハイウェイスターG

ハイウェイスターG

今回モデルチェンジする新型「ラフェスタ ハイウェイスター」は、スタイリッシュなデザインと高い機能性、環境性能を兼ね備えた新しいミニバンです。

エクステリアは、水平基調のクロームグリルやダイナミックなエアロデザインなど、日産のハイウェイスターシリーズ 共通のスポーティで存在感のあるデザインとしました。また、乗り降りしやすい大開口の両側スライドドアの採用や、 多様なシートアレンジを簡単な操作で可能とするなど、快適な機能や装備も充実させています。さらに、アイドリング ストップシステムを搭載することで、クラストップレベル*1の16.0km/L(10・15モード)*2の低燃費を実現しました。

新型「ラフェスタ ハイウェイスター」は、全車「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」に認定されています。また、2WD車は直噴エンジンの採用により低燃費を実現しており、グレードおよび設定するオプションにより、 「環境対応車普及促進税制」による減税措置*3に適合し、自動車取得税および自動車重量税が75%もしくは50%減税されます。

日産は2010年度より、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」を二本柱として、スピーディかつ効果的なCO2削減に取り組んでいます。PURE DRIVEとは、現在広く普及しているエンジン車に最適な次世代環境技術(アイドリングストップ、クリーンディーゼル、ハイブリッドなど)を搭載しクラストップレベルの低燃費を 実現するエンジン進化型エコカーで、新型「ラフェスタ ハイウェイスター」*4もアイドリングストップシステムを搭載したPURE DRIVE第6弾です。

新型「ラフェスタ ハイウェイスター」の特長は以下の通りです。
@スタイリッシュなハイウェイスターデザイン
A様々なニーズに応える優れた機能性
B走りと環境性能の両立

<販売目標台数> 1,200台/月
<発表展示会> 6月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)

<新型「ラフェスタ ハイウェイスター」の車両概要>

  1. デザイン
    エクステリア
    スポーティで存在感のあるハイウェイスターデザイン
    • ハイウェイスターシリーズに共通する水平基調のクロームグリル
    • ワイドで低重心なスタイルを強調するフロントエアロバンパー、サイドシルプロテクター、カラードリヤバンパー
    • ノーズからボディサイドへダイナミックに流れる線と面で構成されたボディサイド
    • クロームの横バーに車名ロゴを刻印したリヤライセンスフィニッシャー
    • ボディカラーはスポーティさを際立たせるスパークリングブラック(P)を含む全5色を設定
    インテリア
    ブラックを基調とした、高級感のあるインテリア
    • メーターフード先端を頂点とし、ドライバーを包み込むようなデザインのインストルメントパネル
    • 随所にクロームメッキやシルバー色の加飾を施し、スポーティさを演出したコックピット
    • ブラックのジャガード織のシート地にブラウンのパイピングとステッチを施し、上質さを醸し出すインテリア(ハイウェイスターG)
  2. パッケージング、シート、スライドドア
    パッケージング
    • ヒップポイントがフロントシートからサードシートへ段々と高くなるシアター配列シートを採用し、全ての席での視界を確保
    • 3ナンバーのゆとりある室内空間を持ちながら、5.3mと5ナンバークラス同等の小さな最小回転半径を実現
    シート
    • セカンドシート助手席側のシートアンダートレイに格納している座面を、運転席側のシートとの間にセットすることで、キャプテンシートからベンチシートに早変わりするフレキシブルシートを採用
    • フレキシブルシートや左右分割して倒すことのできるサードシートを活用し、乗車人数や荷物の量などシーンに応じて様々なシートアレンジが可能
    • 水分汚れや油分汚れも簡単にふき取れるクリーナブル機能を持った生地を採用 (ハイウェイスターG)
    両側スライドドア
    • 狭い駐車場や子供を抱いての乗り降りに便利な、開口幅686mmの大開口両側スライドドアを採用
    • インテリジェントキーやインストルメントパネルにあるスイッチの操作でも、簡単に開閉できる電動スライドドアを採用 (ハイウェイスターGに標準装備、その他グレードにメーカーオプション)
    • 電動スライドドアには、挟み込みの事故などが起こりにくい、タッチセンサー付の自動反転機構を搭載
  3. 走行性能、環境性能
    エンジン
    • 2WD車には、低燃費と高トルクで力強い走りを実現する2.0リッター直噴エンジンを採用、クラストップレベルの低燃費を実現
    • 4WD車には、軽快でスムーズな走りが楽しめる2.0リッターエンジンを採用
    • トランスミッションは、2WD車にはマニュアルモード付電子制御5速オートマチックを、4WD車には電子制御4速オートマチックを採用
    サスペンション
    • リヤにはマルチリンク式の4輪独立懸架サスペンションを採用。スポーティな操縦性と高速域での優れた直進性を、高いボディ剛性とともに実現
    アイドリングストップシステム (ハイウェイスターG[2WD]、ハイウェイスター[2WD]に標準装備)
    • 信号待ちなどの停車時にエンジンを自動的に停止し、燃料を節約して低燃費を実現
    • ゆるやかな坂道に停車中でも、アイドリングストップシステムが作動中であれば、ブレーキペダルから足を離しても発進時の後戻りを防ぐ、アイドリングストップ発進補助機能を採用
    • アイドリングストップ中、エアコンは送風に切り替わるが、室内温度の上昇を感知した場合、エンジンが再始動して、エアコン機能に切り替えることにより、常に快適な室内空間を確保

<その他の主な安全、環境対応技術>

  • オートライトシステム(ハイウェイスターGに標準装備、その他グレードにメーカーオプション)
  • ハロゲンヘッドランプ(ロービーム、プロジェクタータイプ、マニュアルレベライザー付)
  • キセノンヘッドランプ(ロービーム、プロジェクタータイプ、オートレベライザー付) (メーカーオプション)
  • フロントバンパー組込みハロゲンフォグランプ(ハイウェイスターGに標準装備)
  • LEDハイマウントストップランプ
  • VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能を含む]) (ハイウェイスター[2WD]、ハイウェイスターG[2WD]に標準装備)
  • ABS(アンチロックブレーキシステム)+EBD(電子制御動力配分システム)+ブレーキアシスト
  • SRSカーテンエアバッグシステム&運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム(ハイウェイスター、ハイウェイスターGにメーカーオプション)
  • 運転席・助手席SRSエアバッグシステム
  • 歩行者傷害軽減ボディ
  • 全車で「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」の認定を取得
  • アクセルペダルの踏み込み量や車速などから、効率の良い運転状態の際に点灯するECOインジケーターを採用

新型「ラフェスタ ハイウェイスター」は、マツダ株式会社よりOEM供給を受けるモデルです。また、充実した装備とお求めやすい価格設定で好評を得ている「ラフェスタ JOY X」は継続して販売し、日産の九州工場で引き続き生産 いたします。今後「ラフェスタ」は、新型「ラフェスタ ハイウェイスター」と「ラフェスタ JOY」という2つの魅力で、お客さまの様々なご要望にお応えしていきます。

<全国希望小売価格(消費税込み)> (単位:円)  
駆動 エンジン グレード ミッション 価格  
2WD LF-VD ハイウェイスター
Jパッケージ
マニュアルモード付
電子制御5速オートマチック
1,991,850  
LF-VDS ハイウェイスター マニュアルモード付
電子制御5速オートマチック
2,084,250  
ハイウェイスターG マニュアルモード付
電子制御5速オートマチック
2,268,000 ☆掲載写真車種
4WD LF-VE ハイウェイスター 電子制御4速オートマチック
(EC-AT)
2,289,000  
ハイウェイスターG 電子制御4速オートマチック
(EC-AT)
2,483,250  
  1. *1: 2.0リッタークラスガソリン車7人乗りミニバン(2011年3月現在日産調べ)
  2. *2: 数値はハイウェイスター(2WD)
  3. *3: 「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」かつ「平成22年度燃費基準+25%」を達成した車両で、
    自動車取得税は、2012年3月31日までの新規登録車に対し、75%軽減
    自動車重量税は、2012年4月30日までの新規登録車に対し、75%軽減
    「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」かつ「平成22年度燃費基準+20%もしくは15%」を達成した車両で、
    自動車取得税は、2012年3月31日までの新規登録車に対し、50%軽減
    自動車重量税は、2012年4月30日までの新規登録車に対し、50%軽減
  4. *4: 対象グレードは、ハイウェイスターG(2WD)、ハイウェイスター(2WD)

<関連URL>
「ラフェスタ ハイウェイスター」WEBカタログ
http://www2.nissan.co.jp/LAFESTA/
「PURE DRIVE」サイト
http://www2.nissan.co.jp/PUREDRIVE/

以 上

ページトップへ