現在位置
TOP > ニュース >

2011年5月4日

日産「NV200」がニューヨーク市の次世代タクシーに選定
ニューヨーク市タクシーの全車両を日産が独占供給へ

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス・ゴーン)は米国現地時間3日、ニューヨークの次世代タクシーの供給会社として、同社が選ばれたと発表しました。全米で最多のタクシー保有台数を誇るニューヨーク市の"イエローキャブ"の歴史に、同社が新たな1ページを加えることになります。発表は同日、ニューヨーク市庁舎にて、ニューヨーク市と日産自動車の共同会見の形で催され、マイケル・ブルームバーグ同市長と、同社副社長で日産アメリカズ(北・中・南米地域の総称)会長であるカルロス・タバレスの出席のもと行われました。

選ばれたのは同社の多目的小型商用車「NV200」で、2013年の後半を皮切りに、ニューヨーク・タクシーの専用車両として走り出すことになります。ほかに最終選考まで残っていたのは、フォード・モーターと、トルコの自動車メーカーであるカルサン・オートモーティブの2社です。選考の主体であるニューヨーク市タクシー・リムジン委員会が、実に1世紀以上もの伝統を持つタクシーの次世代モデルを決めるというこのプロジェクトのために敷いたプロセスは、2年以上の長きにおよぶ、非常に厳格なものでありました。

日産のタバレス副社長は、「当社のNV200をニューヨーク市の次世代のタクシーとして提供できることとなり、とても誇りに思います。NV200タクシーを通じて、日々60万人以上もの方々に、私どもの、より高品質なクルマづくりとクルマのある街づくりにかける情熱をお伝えする機会をいただくことになります。」と述べました。

NV200タクシーは、メキシコの同社クエルナバカ工場で生産される予定で、現在、日本、欧州、中国をはじめとしてグローバルに提供されている多目的小型商用車「NV200」がベース車両となります。計画されている各種標準装備を含めたメーカー希望小売価格は、約29,000ドル(台)となる見込みです。

また、日産は、このプログラムの一環として、ニューヨーク市および多くのタクシーオーナーと協力し、電気自動車タクシーの使用に関するパイロットプログラムも実施します。100%電気自動車「日産リーフ」(合計6台)を、2012年に、充電設備とあわせてタクシーオーナーに提供し、あわせてその使用をサポートしていく計画です。

ブルームバーグニューヨーク市長は、「ここニューヨークの次世代のタクシーは日産の『NV200』となります。『NV200』は、ニューヨーク・タクシーの歴史において、最も安全で快適で利便性の高いタクシーとなることでしょう。我々は、地元のタクシー業界の購買力なども活かした選考プロセスを進めることで、ニューヨーク・タクシーが持つ伝説的なイメージを一層高めながらもまた新しいイメージもつくりだしてくれるような、そんな最もクオリティの高いタクシーを選ぶことができました。『NV200』タクシーは、日々60万人もの乗客を運ぶニューヨーク・タクシー特有のニーズに応えつつ、またオンラインサーベイで一般より募った希望も反映された仕様で登場します。」と語りました。

なお、現地のタクシー運転手、タクシーオーナー、および、利用客の声をもとに計画されているNV200タクシーの主な装備は、以下の通りです。

  • ニューヨークタクシー全体での排出ガス低減と燃費向上を狙う2リッター4気筒エンジン
  • 現行タクシーに対して大きく改善した、4名の乗客とその荷物のための十分ゆとりのある室内空間
  • ニューヨークの街中での騒音低減を図るべく、車外灯と連動することで警告音量を小さくしたクラクション
  • 乗り降りを容易にするスライドドア、乗降用の補助ステップと手すり
  • 見晴らしの良さを実現し、乗る人を開放的な気分にさせるパノラミックルーフ(シェード付き)
  • フロントのエアコンがOFFでも独立して運転ができる、ブドウポリフェノールクリーンフィルター付き後席エアコン
  • 本革調ファブリックを用いた、汚れにくく通気性の良い、抗菌仕様シート表皮
  • 乗客用の読書灯、および、所持品の確認をサポートする室内フロアの足元照明
  • 乗客用の電源コンセント(12V)とUSBプラグ(2つ)
  • 客室とのパーティション備え付け時でも快適な運転姿勢をサポートする、リクライニングとランバーサポート機能付き6段階調整可能運転席シート
  • 乗務員用ナビゲーションおよびテレマティクスシステム

NV200タクシーの、そのほかの安心・快適性等を高める機能・装備

  • 運転席・助手席サイドエアバッグ付SRSエアバッグシステム及び前席・後席SRSカーテンエアバッグシステム
  • トラクションコントロールシステムとビークルダイナミクスコントロール(VDC)
  • スライドドアは、通常のヒンジドアと比べ、不意な開閉による歩行者・自転車等へのリスクの軽減にもつながります。
  • 同スライドドアは、開閉時警告灯も備えます。

13,000台以上もの保有があるニューヨーク・タクシーは、年間累計で実に5億マイルもの走行距離を有します。このため、このニューヨーク・タクシーの選考過程においては、耐久性が、最も重要なポイントのひとつとなりました。今後、日産は、各タクシーオーナーが日常のメンテナンスを自社で行えるようにするためのトレーニングを提供していきます。また、店頭での納車時には、迅速に整備・点検ができる体制を整えていく予定です。

<ニューヨーク次世代タクシー選考プロジェクト"タクシー・オブ・トゥモロー"について>
2007年にニューヨーク市が、タクシードライバーとタクシーオーナーおよび利用客の代表者を招集し、"タクシー・オブ・トゥモロー"のプロジェクト名のもと、次世代のニューヨーク・タクシーの未来像を探る計画をスタート。2009年12月に、ニューヨーク市タクシー・リムジン委員会が、自動車メーカー各社等に呼びかけ、ニューヨーク・タクシー専用車両に関する提案を募集。選考過程を経て選ばれた日産「NV200」は、2013年を皮切りに10年間にわたって、次世代のニューヨーク・タクシーを務めることとなる。

<関連URL>
「NV200バネット」WEBカタログ
http://www.nissan.co.jp/NV200VANETTE/

以 上

ページトップへ