現在位置
TOP > ニュース >

2011年4月22日

「日産リーフ」がワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2011を受賞
ニューヨーク国際オートショーにて表彰

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は米国現地時間21日、2011年ニューヨーク国際オートショーにて、同社の100%電気自動車(EV)「日産リーフ」が、他ノミネート車である「BMW 5シリーズ 」と「 アウディA8」を破り、ワールドカー・オブ・ザ・イヤー2011を受賞したと発表しました。
世界初のグローバル市場に向けたお求め易い量産型EV「日産リーフ」に対して、このワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2011の受賞は、欧州カー・オブ・ザ・イヤーの受賞を始め各国における数々の受賞に続き、日産および日産のゼロ・エミッション車を核とする総合的な取り組みが世界のお客さまに認められた証となりました。

社長のカルロス ゴーンは、「世界初の量産型EV『日産リーフ』がワールド・カー・オブ・ザ・イヤーという栄誉ある賞を受賞したことを大変光栄に思います。これは、ゼロ・エミッション車のパイオニアである『日産リーフ』が、走行性能、静粛性、ハンドリングの良さで従来のガソリン車に匹敵する性能を持つモデルであることが認められたことになります。そして私たちが世界中のお客様へお届けしたいと考えている、持続可能なモビリティに対する明確なビジョンとその価値が、皆様に受け入れられたという証です。」と述べました。

また本賞の審査員は、「日産リーフ」についてこのように述べています。
「日産リーフは、電気の新しい活用を提案する起爆剤です。
この世界初の量産EVである5ドア5人乗りハッチバックは、フル充電で100マイル(160km)以上の走行を実現し、220-240Vの電力では約8時間で充電が完了するということです。そして何よりも、排気ガスはゼロなのです。重心が低いので、急な方向転換でも車体の横揺れはほとんどなく、アンダーステアが起こりません。そして1番の魅力は、普通のクルマの運転感覚と全く変わりない上に、より静かであるということです。」

2004年に創設されたワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは、アジア、欧州、北米のモータージャーナリストから成る審査員が投票を行います。

「日産リーフ」は、日本、米国、欧州の一部地域で発売しており、2012年にはグローバルで販売する予定です。同車の生産は追浜工場で行っており、2012年後半には米国スマーナ工場、2013年初頭には英国サンダーランド工場においても生産を開始する予定です。
日産は、アライアンスパートナーであるルノーと共に「ゼロ・エミッション車で世界のリーダーになる」という目標を掲げており、EVやEV用リチウムイオンバッテリーの開発、生産を行うだけではなく、持続可能なモビリティを推進するため、90件を超える世界各国の政府や自治体、企業とのゼロ・エミッションモビリティに関するパートナーシップを締結しています。更に、充電サービスの向上、インフラの整備、リサイクルの推進、EV用リチウムイオンバッテリーの2次利用などによる総合的なエネルギーマネジメントなど、世界がさらに持続可能なモビリティへと進めるよう、包括的な取り組みを推進しています。

<関連URL>
「日産リーフ」サイト
http://ev.nissan.co.jp/
「日産ゼロ・エミッション」サイト
http://www.nissan-zeroemission.com/JP/

以 上

ページトップへ