現在位置
TOP > ニュース >

2010年12月22日

日産自動車、100%電気自動車「日産リーフ」をポルトガルの企業共同体MOBI.Eに納車

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)の子会社である日産イベリア自動車会社は22日、電気自動車「日産リーフ」を、ポルトガルの電気自動車(EV)事業を中核とする企業共同体MOBI.Eへ納車(9台)したと発表した。今回の納車は、欧州において初のデリバリーとなる。

リスボンで行われた納車式には、ジョゼ ソクラテス ポルトガル首相やMOBI.Eの関連企業の代表者らが出席した。同式では、日産自動車副社長のカルロス タバレスからポルトガル政府を代表してソクラテス首相に「日産リーフ」の鍵が手渡されたほか、タバレスと日産インターナショナル社商品企画副社長のピエール ロアンからMOBI.E関連企業の代表者に「日産リーフ」の鍵が手渡された。

ポルトガルは、2008年11月にルノー・日産アライアンスとEV推進のためのパートナーシップを欧州で初めて締結した。同パートナーシップの締結により、ルノー・日産アライアンスとポルトガル政府は、同国におけるゼロ・エミッションモビリティ社会の推進と充電ネットワークの確立に向けた協力について合意している。すでに、同国の25都市に充電設備が設置されており、2011年6月までに1,300箇所の普通充電設備と50箇所の急速充電器の設置を予定している。

11月29日に欧州カー・オブ・ザ・イヤー2011を受賞した「日産リーフ」は、軽量・コンパクトで24kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、レスポンスの良い三相交流同期モーター・インバーターと組み合わせることで、最高出力80kW(109PS)、最大トルク280N・m、最高時速145km/h以上を達成している。アクセルを踏み込んで発進した瞬間から最大トルクを発生することで滑らかでリニアな加速を実現している。また、欧州NEDC(New European Driving Circle)モードでの航続可能距離は175キロである。

「日産リーフ」は、本年12月より、日本、米国で販売開始された後、欧州においてはポルトガル、アイルランド、英国およびオランダに投入される予定である。2013年初頭には、英国サンダーランド工場にて「日産リーフ」の生産が開始される。

<関連URL>
「日産ゼロ・エミッション」サイト
http://www.nissan-zeroemission.com/JP/

以 上

ページトップへ