ニュース

現在位置
TOP > ニュース >

2010年9月20日

日産自動車、オランダリースプラン社と「日産リーフ」普及のため提携
リースプラン社 欧州で初めて「日産リーフ」のリース販売を行う企業となる

日産とリースプラン社は20日、欧州で2011年に100%電気自動車「日産リーフ」を発売するためのプロジェクトで協力していくことに合意したと発表した。リースプラン社は、欧州で「日産リーフ」のリース販売を行う最初の企業となる。

リースプラン社は、100台以上の「日産リーフ」を購入し、2011年初頭より欧州13カ国のお客さまへのリースプロジェクトを開始する。今回のプロジェクトを通じて、ドライバーの方々のEV利用方法、並びにバッテリーを用いるゼロ・エミッション車を利用したフリート事業の今後の運営について検討を行う。

今回のプロジェクトには、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国の13カ国が参加する。

リースプラン社は、全世界で130万台を扱うフリート事業会社であり、革新的な企画立案・実行のための理想的なパートナーである。同社のフリート事業に関する知見、専門性が高く評価され、日産と根拠することとなった。

リースプラン社
リースプラン社は、フリート事業を専門とするオランダの金融会社である。1963年の設立以来、着実に成長を続け、現在30カ国で事業を展開し130万台の自動車を取り扱っている。このように、フリート事業サービスにおける世界のリーディング企業であるリースプラン社は、6,000名以上の従業員を要している。同社の株式は、フォルクスワーゲン銀行(50%)とドイツの著名な銀行家であるフリードリッヒ フォン メッツラー氏が所有する投資会社フリート・インベストメント社(50%)が所有している。

<関連URL> 「日産ゼロ・エミッション」サイト

以 上

ページトップへ