ニュース

現在位置
TOP > ニュース >

2010年9月15日

新型「マーチ」「マイクラ」のグローバル受注状況について
−発売後6ヶ月で54,000台を突破−

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は15日、同社の新型グローバルコンパクトカーである「マーチ」「マイクラ」のグローバル受注が好調に推移していると発表した。3月のタイにおける世界初の販売開始から6ヶ月が経過した9月13日時点で、グローバル受注は54,000台に達した。

新型「マーチ」「マイクラ」の受注台数は、好調に推移している。世界に先駆けて本年3月13日に「マーチ」が発売されたタイでは、半年間で年間販売目標台数20,000台を28%上回る25,713台を受注している。日本では7月13日の発売から2ヶ月後の9月13日時点での受注台数が21,857台となり、月間販売目標4,000台の5倍以上を記録している。インドでは、5月25日の受注開始以降、約4,000台を受注している(発売は7月14日)。また、8月30日に発売された中国での受注台数は、2週間で約3,000台となった。

「マーチ」「マイクラ」を担当するグローバルチーフマーケティングマネジャーの鈴木昭寿は、「『マーチ』『マイクラ』の好調な受注は、スマートエンジニアリングによって自動車産業における新たなスタンダードを作り出した日産の新型グローバルコンパクトカーがお客さまにご好評を頂いていることの何よりの証です。これは、日産が新開発のVプラットフォームを採用した3車種で2013年までに100万台の販売を達成するための重要な一歩となると確信しています」と述べた。

日産は、本年10月にインドのチェンナイ工場から欧州諸国向けに「マイクラ」の輸出を開始する。さらに、2011年初頭にはメキシコでの生産開始を予定している。日産の新型グローバルコンパクトカーは、世界で160の国と地域で販売される予定である。

優れたパフォーマンス
新型「マーチ」は、タイ政府が環境に配慮したエネルギー効率の高い車両の開発を促進するために新たに打ち出した、タイエコカー基準に適合した初めてのモデルである。5リッターのガソリンで100kmの走行が可能*1という同基準の条件に適合している新型「マーチ」は、クラストップレベルの燃費性能を誇る。5人乗りに十分な広さの室内空間と優れた運転性能を持ち、魅力的で現代的なデザインの新型コンパクトハッチバック「マーチ」は、タイのお客さまからたいへん高い評価を得ている。

日本では、新開発のアイドリングストップ機能採用によりクラスNo.1の低燃費26.0km/L*2を実現したことや、運転のしやすさ、使い勝手の良い装備の数々やお求めやすい価格設定などが、幅広い層のお客さまに高く評価されている。アイドリングストップ搭載グレードは、全受注台数の80%を占めている。

インドでは、上級グレード(XV)の受注が好調で、全体の65%を占めている。

また、中国では、新開発のオートマチックトランスミッションと1.5リッター「HR15DEエンジン」搭載により、最高出力79kWの心地良い加速性能を実現し、中国のお客さまが求める力強いドライビングを提供している。

市場からの評価
日産の新型グローバルコンパクトカーは、タイのグランプリ・インターナショナル社が授与する同国で最も影響力のある自動車賞の「もっとも環境に優しいクルマ(Most Environmental Friendly Car)」部門で「カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。同賞は、自動車ジャーナリスト、エンジニア、大学講師などの自動車専門家が、デザイン、乗り心地、燃費、操作性能、走行性能、環境への配慮、顧客満足度、コストパフォーマンスなどの観点で審査を行っている。

さらに中国では、新型「マーチ」が「2010年、最も期待する新車賞(The most exciting model to be launched in 2010)」を受賞している。2010年の北京国際モーターショーの選考委員は、「中国市場において、新型『マーチ』は楽しくフレンドリーで、お客さまが待ち望む非常に重要なクルマになるだろう」と評している。

1982年に初代「マーチ」が発売されて以来、「マーチ」「マイクラ」の日本を含む世界での累計販売台数は、570万台以上となっている。

新型「マーチ」「マイクラ」は、世界各地の日産の工場で生産されており、日産生産方式(NPW: Nissan Production Way)の採用により、世界レベルで最高水準の品質を保持している。

*1: Euro4に適合
*2: 10・15モード燃費(国土交通省審査値)

以 上

ページトップへ