ニュース

現在位置
TOP > ニュース >

2010年3月12日

日産自動車、タイにて新型グローバルコンパクトカー「マ−チ」のオフライン式を挙行

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)の子会社であるタイ日産自動車会社(以下、NMT)は12日、バンコクの東20キロに位置する同社の工場にて新型グローバルコンパクトカー「マーチ」のオフライン式を挙行した。同モデルは、タイでの発売を皮切りに世界160の国と地域で販売される予定であり、タイに加え、インド、中国およびメキシコでも生産される。

タイ政府は、同国における温暖化ガス排出・燃料の削減と自動車産業の投資促進を目的としたエコカー政策を施行しており、新型「マーチ」は、タイにおいて初めてこの政策に適合するモデルとなる。

最高執行責任者である志賀俊之は、「本日、タイで新型『マーチ』のオフライン式を迎えられたことを嬉しく思う。日産は、低燃費とCO2排出量の低減を実現する環境に配慮した車を、タイのお客さまにいち早くお届けすると同時に、同国での生産拡大や輸出を通じてタイ経済の成長にも貢献していきたい。」と述べた。

NMTの社長である長谷川亨は、「新型『マーチ』は、スタイリッシュで洗練されたエクステリアと広々とした室内を実現したエコカーである。タイでは、自動車需要が拡大しており、またお客さまの環境意識が高まってきていることから、今がまさに本モデルを投入する最適なタイミングと考えている。」と述べた。

同モデルは、新開発HR12DE(1.2リッター3気筒ガソリン)エンジンを搭載しており、CO2排出量120g/km(UNECE 101項*)を達成する。トランスミッションは、5速マニュアルに加え、副変速機を備えた小型軽量の新世代エクストロニックCVT(無段変速機)を設定している。

NMTは、新型「マーチ」の予約注文受付を13日より開始し、バンコク国際モーターショー2010が開幕される26日より販売を開始する。販売価格は、37万5千タイバーツ(約103万円)〜53万7千タイバーツ(約147万円)である。2010年度には、20,000台の販売を目指す。

NMTは、同社の中期経営計画の中で、2012年までに毎年1モデル以上の新型車を投入し、10%以上の市場シェアを達成することを目標としている。新型「マーチ」は、同計画達成に欠かせない重要なモデルとなる。同社の2009年度販売台数は、34,000台(対前年同期比+22%)となる見通しであり、2010年度の販売目標台数は、48,000台を計画している。

NMTの工場では、日産がグローバルで展開している日産生産方式(NPW:Nissan Production Way)を採用しているほか、最終検査工程において、細心の注意を払い念入りに車体及び性能を検査する「念入り」ラインを採用し、最高品質の車両を生産する。

* UNECE 101項:国連欧州経済委員会がCO2排出量について定めた条項
注:為替レートについては最近の為替相場、1バーツ=2.74円をもとに換算した。

以 上

ページトップへ