ニュース

現在位置
TOP > ニュース >

2008年11月19日

日産自動車、新型「キューブ」と異業種とのコラボレーションを実施
− MTVジャパン株式会社、レンゴー株式会社、株式会社カッシーナ・イクスシー −

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座、社長:カルロス ゴーン)は、新型「キューブ」の発売に合わせ、異業種とのコラボレーションを実施すると発表しました。

I'm Peaceful.

新型「キューブ」は、「I'm Peaceful」をコミュニケーションのキーワードとしており、日産は、このコミュニケーションの中心活動として、「キューブ」とMTVジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ピーター・ブラード、以下MTVジャパン)との共同プロジェクト「meetalk」を立ち上げました。この、「meetalk」は、「MEET(会う)」と「TALK(話す)」をかけあわせた造語で「会って話そう、つながろう!」という意味が込められております。
両社は、多様なコミュニケーション手段が溢れる環境の中、「会って話す」というコミュニケーションの重要性について、若者たちに自ら考えてもらおうという活動を行っていきます。このプロジェクトの第1弾アーティストとして、コブクロのお二人を迎え、MTVでのミュージックビデオの放映をはじめ、このミュージックビデオをもとに制作したCMの放映を予定しております。

また、新型「キューブ」のコミュニケーションキーワード「I'm Peaceful」に賛同した、株式会社カッシーナ・イクスシー(本社:東京都渋谷区、社長:高橋 克典)より、「キューブ」のシート生地を実際に使用した「ブーメランソファ キューブ スペシャルバージョン」の限定発売を致します。
さらに、レンゴー株式会社(本社:大阪市北区中之島、社長:大坪 清)より、実物大のダンボール製「キューブ」の制作など、ダンボールに関する情報提供やプロモーションにおける技術的サポートなどの支援協力を頂きます。

日産は今後も新型「キューブ」が若者文化の象徴として受け入れられるようなコミュニケーション活動を継続して行っていきます。

以 上

ページトップへ