ニュース

現在位置
TOP > ニュース >

2008年9月26日

日産自動車 「CEATEC JAPAN 2008」出展概要
-- ハチの行動解析を応用した衝突回避ロボットカーを開発 --

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座、社長:カルロス ゴーン)は26日、最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2008」(会期:9/30〜10/4、会場:幕張メッセ)に出展すると発表した。同社は2006年より自動車メーカーとして唯一、本イベントに出展しており、今回は、ハチの行動解析を応用した衝突回避技術を実験モデルとして新たに開発したロボットカーなど、同社の様々な最先端技術を出展する。また、「カーロボティクスと通信が拓くクルマの未来」をテーマに、同社常務の篠原稔が基調講演を行う。

ロボットカー「BR23C」 ロボットカー「BR23C」

ロボットカー「BR23C」

日産が開発したロボットカー「BR23C」*は、東京大学先端科学技術研究センター 生命知能システム分野 神崎・高橋研究室(神崎亮平教授)との共同研究の成果である昆虫の障害物回避機能を応用している。高さ・幅約60cmの「BR23C」は、昆虫の行動解析をヒントにした、次世代の自動車の衝突回避技術を搭載している。

研究開発を統括する副社長の山下光彦は「日産は『セーフティ・シールド』というコンセプトで安全技術の開発を行っている。これは通常の運転から衝突に至るまでの過程を6つの段階に分類し、それぞれの危険に対して最適なバリアを機能させ、クルマが人を守るという考え方である。今回発表する技術をセーフティ・シールドの一番奥、つまり、衝突が避けられない領域における回避技術に役立てたい」と述べた。

セーフティ・シールド:「クルマが人を守る」という考え方。

セーフティ・シールド:「クルマが人を守る」という考え方。

研究によると、ハチは自身の周囲にセーフティ・シールドに似た「パーソナルスペース」を持っており、複眼で周囲環境を検知し、「パーソナルスペース」に入ってきた天敵や障害物を回避しながら飛行する。

ハチの複眼の構造とLRFによる障害物の検知

ハチの複眼の構造とLRFによる障害物の検知

「BR23C」では、レーザーレンジファインダー(LRF)というセンサーが、複眼の機能を果たしている。このLRFにより前方約180度の視界の中でパーソナルスペースに入った障害物を検知し、回避行動を瞬時に実行する。

この研究の責任者であるモビリティ研究所の安藤敏之主任研究員は、以下のように語った。「ハチが障害物を避けて飛行するように、障害物を検知した『BR23C』は自らのおかれた状況に応じて減速と回転を組み合わせて回避行動を取る。より間際での衝突回避のためには、ハチが障害物を避けるのと同様の素早い行動が必要である。これまでのシステムとの最大の違いは、複雑な判断を行わず環境に適応した動作を反射的に行うということ。

BR23C

この昆虫が状況に適した行動をする能力のことを、東大との共同研究の中では『環境適応能』と呼んでいる。我々はこの『環境適応能』に着目し、BR23Cでは反射的な動作を最優先に考えた。過去の行動情報の蓄積を反射ルールに落とし込んでいるために、高度な演算処理を要するCPUや膨大な履歴情報を蓄積するメモリを必要とせず、非常に短い時間で状況に応じた的確な回避能力を発揮する。」

今回の研究は、単に生体模倣ロボットを製作したというだけではなく、未来のぶつからないクルマの実現に向けて更なる一歩を踏み出したことになる。

【キーノートスピーチ(基調講演)】
『カーロボティクスと通信が拓くクルマの未来』と題し、次世代に向かう自動車技術開発の取り組みや、思い通りに移動する楽しいモビリティの実現について、常務執行役員の篠原稔が講演を行う。
日時: 10月1日(水)11:00〜12:00
場所: コンベンションホールB

【その他の主要出展物】

  • ロボティック・エージェント(RA)
    2007年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「ピボ2」に搭載されたRAをダッシュボードに搭載。日産のカーナビ向け情報サービス「カーウイングス」を利用して事前に乗員の顔画像を登録しておくことで、RAが友だちのように語りかけ、本人の興味や状況にあわせた情報を提供する。また観光ガイドなどのドライブ情報も提供する。
  • インテリジェントキー搭載ケータイ
    日産は(株)NTTドコモ、シャープ(株)と共同で、インテリジェントキーの機能を搭載した携帯電話を開発した。これは携帯電話本体を持っているだけでドアの解錠・施錠とエンジンの始動を可能にするもの。来年度早期の市販化を予定している。
  • 日産エコドライブ講習会@CEATEC
    市街地を模したコースを駐車場内に作り、一般来場者を対象に、運転体験を通じてエコドライブの極意をプロのドライバーが伝授する。さらに、アクセルペダルの反力を使ってエコドライブをサポートする世界初のシステム「ECOペダル」が体験できる。

CEATEC JAPANオフィシャルサイト: http://www.ceatec.com/
* BR23C:「Biomimetic(生体模倣) Robot 23(ニッサン)Car」の略称。

以 上

ページトップへ