ニュース

現在位置
TOP > ニュース >

2008年8月4日

日産自動車、世界で初めてエコドライブをサポートするアクセルペダル
「ECO(エコ)ペダル」を開発

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は4日、ドライバーのアクセルペダル踏み込み時に足裏に伝わる力(反力)を変化させることにより燃費のよい運転ができるようにドライバーをサポートする「ECO(エコ)ペダル」を開発したと発表した。燃費状況を表示装置などでドライバーに知らせるだけでなく、アクセルペダルの反力を使ってエコドライブをサポートするシステムは世界初となる。
この「ECOペダル」は2009年度に発売する新型車より採用を開始する予定である。

ECOペダルメーター

ECOペダルメーター

「ECOペダル」は、発進および走行時にある一定以上アクセルを踏み込むことで過剰に燃料を消費してしまうことを、アクセルの反力を上げる(少し重くする)ことでドライバーに知らせるシステムである。アクセルペダルの反力を上げるポイントは、エンジンの燃費率とオートマチックトランスミッションの伝達効率をもとに算出されている。あわせて燃費の状況をランプの色と点滅によって事前にドライバーへ知らせ、足からの感覚と表示の視認の両方により燃費の良い運転をおこなえるようサポートする。ドライバーはアクセル踏力が重くならないよう、あるいはエコランプが緑からアンバーに切り替わらないように運転すると、燃費の良い運転ができる。
エコランプを見てドライバー自身がアクセルペダルをコントロールするだけでなく、燃費の良いアクセルペダルの踏み加減を足裏の感覚で操作できることにより、エコドライブに対するドライバーのさらなる意識向上が図れるとともに、多くの運転シーンにおいて5%〜10%程度の燃費向上*が見込まれる。

<システム構成図>

システム構成図

「ECOペダル」は、同社の中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2010」で取り組んでいる、エコドライブの推進を拡大する技術である。
同社は、今後も「ニッサン・グリーンプログラム 2010」に基づき、エコドライブの啓発・普及に向けた取り組みを加速させていくと共に、CO2排出量の削減に真に実効性のある技術、商品、サービスを開発し、市場に投入していく。

*社内測定値

以 上

ページトップへ