NISSAN
NISSAN PRESS RELEASE
印刷する|閉じる

2007年10月16日


新型「スカイライン クーペ」の受注状況について

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)では、10月2日に発売した新型「スカイライン クーペ」の受注が、発売後2週間を経過した10月15日時点で、累計1,562台に達し、月販目標200台の約8倍と、好調な滑り出しとなっている。受注内容・内訳については、以下の通り。

<グレード別>   <ボディーカラー別>
370GT Type SP (5M-ATx) 30.6% バイブラントレッド(C) 13.8%
370GT Type SP (6MT) 6.3% ルナマーレシルバー(TPM) 14.0%
370GT Type S (5M-ATx) 20.6% スーパーブラック 22.4%
370GT Type S (6MT) 14.9% ブリリアントシルバー(M) 17.3%
370GT Type P (5M-ATx) 12.0% ファウンテンブルー(PM) 4.8%
370GT (5M-ATx) 15.6% ストラフィアブルー(PM) 4.7%
ホワイトパ−ル(3P) 23.0%
<性別・年齢別>
年齢 男性 女性
20代以下 5.7% 0.2% 5.9%
30代 20.6% 0.7% 21.4%
40代 25.5% 1.4% 26.9%
50代 26.9% 2.3% 29.3%
60代以上 15.4% 1.1% 16.5%
<インテリアカラー別>
ブラック <G> 86.2%
フォーブ <R> 13.8%

「スカイライン クーペ」は、躍動感のあるエクステリアデザインと新機構VVEL(バルブ作動角・リフト量連続可変システム)を採用した新開発、高性能エンジンに対する期待の高さが、受注に結びついている。グレード別に見ると、370GT TypeSPと370GT TypeSで7割超を占める。ボディカラーは、ホワイトパール(3P)、スーパーブラックの割合が高く、インテリアは、クールな印象のブラック内装色が8割超を占めている。年齢別では、30代〜60代の男性のお客さまを中心に受け入れられている。

以 上

NISSAN