NISSAN
NISSAN PRESS RELEASE
印刷する|閉じる

2006年12月18日


新型「スカイライン」の受注状況について

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)では、11月20日に発売した新型「スカイライン」の受注が、発売後約1ヶ月経過した12月17日時点で、累計 6,612台に達し、依然好調に推移している。
同社COO(最高執行責任者)の志賀俊之は、「新型スカイラインは、市場環境が厳しい中、我々の販売計画を大幅に上回るご注文を頂いている。商品としての魅力に加えて、我々が訴えかけた、『日本のクルマにときめきが帰ってくる』というメッセージが支持されたものと思う。今後も様々なマーケティング活動を通して、更に多くのお客さまにこの『クルマへのときめき』を共感して頂けるよう取り組んでいきたい。」と語った。
また、同車は「インフィニティG35」として北米や韓国においても11月から販売を開始し、どちらのマーケットにおいても高い評価を受け、北米では自動車専門誌主催の「2007 ALL-Star」「10Best」を、韓国では有力自動車専門誌出版社主催の「Car of the Year」「Import Car of the Year」をそれぞれ受賞した。

栃木工場ではこの受注状況に対応すべく、来年の1- 3月に約3,000台の増産を計画している。

■受注内容・内訳(日本国内)
<グレード別>     <エンジン別>  
250GT 30.9% VQ25HR 70.0%
250GT TypeV 16.0% VQ35HR 30.0%
250GT TypeP 14.3%  
250GT FOUR 2.9%  
250GT FOUR TypeV 3.6%  
250GT FOUR TypeP 2.2%  
350GT TypeS 10.2%  
350GT TypeP 4.6%  
350GT TypeSP 15.2%  
   
<主要ボディカラー別>   <オプション装着比率(設定内)>  
クリムゾンレッド 3.4%
4輪アクティブスティア(4WAS)
350GT S/SPに設定
48.8%
プライバシーガラス 76.8%
アクティブAFS 20.0%
ETC 46.6%
HDDナビゲーション
バックビュー+サイドブラインドモニター
92.1%
レイクショアーブルー 3.8%
スーパーブラック 15.9%
ブリリアントシルバー 22.3%
ブレードシルバー 15.7%
ストラフィアブルー
(宣伝メインカラー)
19.4%
ホワイトパール 19.5%  
   
<購入年齢層>    
29歳以下 3.0%  
30歳〜39歳 15.2%  
40歳〜49歳 19.3%  
50歳〜59歳 30.5%  
60歳以上 32.0%  

■北米累計販売台数 約4,500台(12月13日現在)

以 上

NISSAN