NISSAN
NISSAN PRESS RELEASE
印刷する|閉じる

2006年11月29日


LAオートショーに「アルティマ クーペ」、「セントラSE-R」を出展

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は、米国ロサンゼルスで開催されるLAオートショー(LA Auto Show、プレスデー:11月29日〜30日、一般公開日12月1日〜10日)に、ニッサン・ディビジョンから「アルティマ クーペ」、「セントラ SE-R」を出展する。

アルティマ クーペ セントラSE-R Spec V
アルティマ クーペ セントラSE-R Spec V

セダン、ハイブリッドに続く「アルティマ クーペ」は、セダンに対してホイールベースを100mm短縮、全高を65mm低くし、フードを除く全てのボディパネルを変更することで、他のセダンベースのクーペとは一線を画すダイナミックで個性的なエクステリアデザインを実現している。また、セダンで好評の新開発Dプラットフォームによる高い走行性能は踏襲する。パワートレインには、改良されたVQ35DE / QR25DEエンジンに、それぞれエクストロニックCVT/ 6速マニュアルトランスミッションを組み合わせている。さらに、インテリジェントキーやプッシュエンジンスターター、大型バニティミラーなどの実用装備も充実している。
米国での発売は2007年夏の予定である。

2007年3月に発売を予定している「セントラ SE-R」は、2006年10月に発売された新型セントラ セダンをベースとし、新たに専用開発した2.5リッター4気筒エンジンQR25DEを搭載しているほか、ボディ、サスペンション、シートなどに専用のスポーツ仕様を採用した高性能スポーツセダンである。

以 上

NISSAN