NISSAN
NISSAN PRESS RELEASE
印刷する|閉じる

2006年11月6日


日産自動車、スカイライン・ブランドを活用したライセンス
及びコラボレーションパートナーとの取り組みを実施

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座、社長:カルロス ゴーン)では、2006年11月20日の新型スカイライン発売を皮切りに、2007年4月24日の「スカイライン」の誕生50周年記念(50th Anniversary)イベントなど、約17ヶ月にわたって様々な活動を行っていく。その活動の一環として、スカイライン・ブランドを活用し、異業種との多種多様なライセンス及びコラボレーションを行っていく。

この取り組みは、2006年8月8日に日産自動車主催によって行った「ライセンス&タイアップ・パートナー向け説明会」の趣旨に賛同し、コラボレーションに参加表明したパートナー企業の協力により実現の運びとなった。従前のコラボレーション活動は、新車発表後に実施検討を開始するが、発表前から各パートナー企業と相互に深く関与することにより、従来実現できなかった創造的かつタイムリーな実施が可能となった。

数あるパートナー企業の中から、今回紹介するのはソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)(※1)、(株)ローソン、(株)タカラトミーの三社である。これらのコラボレーションは、それぞれの企業がスカイライン・ブランドへ強い関心を持ち、お客さまに心ときめくような価値を提供できるだけでなく、お互いにとってブランド価値向上にも寄与する。

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンとは、「プレイステーション 3」専用ソフトウェアとして注目を集めるリアルドライビングシミュレーター「グランツーリスモ」シリーズの制作とプロモーション展開の一環としてコラボレーションを行う。ゲームソフトの域を超えたリアルな表現力を誇る「グランツーリスモ」シリーズ制作時の車両情報の提供だけでなく、そのプロモーション活動時にも「スカイライン」の追加情報を提供することにより、ヴァーチャルとリアルとの融合を目指した楽しみ方の提供とそれらを利用したマーケティング活動を実施していく。

(株)ローソンとは、同社の全国約8,500店舗を通じ、スカイライン・ブランドを活用した共同コラボレーションキャンペーンを実施し話題喚起を図っていく。

(株)タカラトミーとは、「トミカ」、「チョロQ」、「Qステア」をはじめとするクルマ関連玩具のライセンス以外にも、ユニークな取り組みを実現していく予定である。

なお、各企業との取り組みの詳細については、別途各社から発表される。
日産自動車は、この三社以外にも、今後17ヶ月にわたってマーチャンダイジングのパートナーとして、「スカイライン」に関連した数多くの企業との様々なライセンス及びコラボレーション企画に取り組んでいく。

※1…株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして国内向けビジネスを担当。

以 上

NISSAN