NISSAN
NISSAN PRESS RELEASE
印刷する|閉じる

2006年9月29日


日産自動車、新型カーウイングスナビゲーションシステムと
インターネットを活用した「カーウイングス」の新世代サービスを発表

日産自動車(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は、高速・大容量のHDD方式を採用した新型ナビゲーションを発売し、カーナビ向け情報サービス「カーウイングス」でインターネットを活用した新サービスを開始する。新型ナビゲーションは、今秋発売予定の新型スカイラインに採用され、同時にカーウイングスの新世代サービスも開始する。また、10月3日〜7日まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2006」においてカーウイングスの新世代サービスおよび新型カーウイングスナビゲーションシステムが体験できるデモ機を日産ブースに展示する。

1)新型ナビゲーションシステムの特長:
「見やすさ」「使いやすさ」「ルート探索の精度向上」といったカーナビの基本性能を大幅に向上。加えてミュージックボックスなどエンターテインメント機能を充実した新世代ナビゲーション
Photo1
・高速/大容量の30GBハードディスクドライブ(HDD)
最大3000曲の音楽CDを録音でき、「明るい曲」「いやされる曲」などフィーリングに応じた自動選曲をはじめとする様々な選曲方法で再生可能なミュージックボックスを搭載
超高速データ更新システムにより、約20分で地図データの更新が可能(3年以内の有料点検入庫時に、初回書換えを無料で実施)
・走行中の操作に優れたマルチファンクションスイッチと50音入力や数字入力のしやすい優れたタッチパネルを併用し、操作性を大幅に向上
Photo2
・VGA専用の高精細グラフィクスを新開発した高精細モニター
従来の約4倍の画素数である高精細(WVGA)液晶モニターで、詳細で見やすい地図を実現
リアル3D交差点案内機能では3Dグラフィックスで実際の街並みを表現
・DVDビデオ、DVDオーディオ再生機能に加え、CF(コンパクトフラッシュ)カード(WMA、MP3方式に対応)など多様なメディアに対応した音楽再生機能を搭載
・地上波デジタルTV放送(1セグ、12セグ)に対応
(地上波デジタルTVチューナーは、ディーラーオプションにて別売り)
・FOMAのマルチコールに対応(日本初)
ハンズフリー電話中であってもカーウイングスからデータを受信することが可能
・ルート探索の精度向上
リアルタイムの交通情報をもとに約2時間先までの交通状況を予測する予測交通状況を織り込み、ルート探索の精度を向上
2)カーウイングスの新世代サービスの特長:
車内でインターネット情報を入手し、ドライブの楽しさを向上させる世界初のテレマティクスエージェント機能を新開発。またプローブ情報を活用した交通情報の配信など、クルマ版WEB2.0(*1)サービスを行う。
・インターネット情報チャンネル
インターネット上の情報(RSS形式)を、車内利用に適したユーザーインターフェースに自動変換する世界初のテレマティクス・エージェント機能を開発。インターネット情報チャンネルとしてサービスを開始
Photo3
タイトルとコンテンツの音声読み上げ機能で、運転中でも安全に普段利用しているインターネットサイト(RSS形式の配信をしているサイト)の情報を入手可能
サービス開始時は、以下の会社のサイトから情報受信が可能。サイトは順次増やしていく。
ヤフー株式会社:Yahoo!新着情報、Yahoo!知恵袋
インクリメントP株式会社:MapFanクチコミ情報
株式会社ゼンリンデータコム:its-moラボ 地図ログ
株式会社 リビット:ちず窓
TOKYO FM:「あ、安部礼司」番組blog
ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社:So-net blog
日産自動車株式会社: NISSANドライブナビ、NISSAN Topics RSS、ティーダ公式ブログ
Photo3
・沿線情報自動ガイダンスを世界で初めて実用化
ガイダンスする内容や順番、時間などを記載した番組表をエンジンスタート時に自動でカーウイングス情報センターよりダウンロードし、ドライブ中のTPOに合わせ、前方の施設や街の情報、ニュースなどをキャッチし、自動でドライバーに情報提供する。
ニュースや天気、イベント情報など、施設以外の情報も提供
番組表は、カーウイングス情報センターにて、時間、期間、エリアの指定や優先順位付けを実施することが可能
・プローブ交通情報(車両の走行情報)を活用し、最速ルート探索性能を向上
カーウイングス会員の車両の走行情報をカーウイングス情報センターに送信。送信された情報を編集・加工し、VICS情報ではカバーできないエリアの交通情報を提供
従来のプローブ交通情報の弱点であったリアルタイム情報の欠損や網羅性の低さを補うため、リアルタイム推定補完技術を世界で初めて実用化
(*1)クルマ版WEB2.0サービス:「お客さまから車両情報をカーウイングスに送信→集った情報をカーウイングスが付加価値の高い情報へと加工→再びお客さまへ還元」 この一連の流れを通じ、お客さまとカーウイングスがコラボレーションすることで、質が高まっていくサービス

以 上

NISSAN