NISSAN
NEWS PRESS RELEASE
印刷する|閉じる

2005年10月11日


国内向け生産車両におけるアスベストの使用状況について


日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座、社長:カルロス ゴーン、以下 日産)では、1996年3月、国内向け生産車両へのアスベスト含有部品については、1994年末迄に切り替えを終了している旨を既に公表しておりました。しかしながら、このたび1995年から1999年の間に国内工場で生産した国内向け車両16万5,804台に、アスベスト含有部品が使用されていることが判明致しました。

当該部品は、潟}ーレテネックス(本社:東京都豊島区池袋、社長:荒木 宣夫)製エアクリーナー、オイルクーラーのパッキンで、上記期間中に生産された「ADバン」、「キャラバン」、「アトラス10」等複数の車種に採用していました。但し、いずれの部品も通常時は装置に固定されており、アスベストの飛散の可能性はございません。

本件、マーレテネックスより9/26(月)に報告を受けた後、日産社内にて速やかに事実関係の確認を行い、現時点で判明致しました内容を、本日発表する次第です。
今回の調査により、これまでの公表内容が不適切な情報開示でありましたことをお詫び申し上げます。
尚当該部品は、2004年10月1日施行の「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令」にて、製造、使用等が禁止されているアスベスト含有製品の対象ではございません。

弊社では、従来よりサプライヤーに対し納入部品の品質・設計基準を定めた「日産エンジニアリング スタンダード」を設け、1994年9月にはアスベスト含有部品の使用を禁止しておりますが、今後も当基準の遵守を徹底するよう努めてまいります。

尚、弊社ではサプライヤーに対し、アスベスト含有部品の納入状況に関する総点検の実施、及び結果報告を求めており、必要に応じて適宜公表することを予定しております。


以 上


  NISSAN