NISSAN
NEWS PRESS RELEASE
印刷する | 閉じる

2005年06月07日

 

新型軽自動車「OTTI (オッティ)」を発売
-- あわせて福祉車両も発売 --


日産自動車(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は、新型軽自動車「OTTI (オッティ)」を6月7日より全国一斉に発売する。

オッティ S (2WD)
オッティ S (2WD)


SHIFT_convenience 使いやすさをシフトする
“ちょうどいいパッケージ”と“工夫いっぱいの、かしこい収納”で、毎日の使いやすさを考えた軽自動車

今回発売する「OTTI (オッティ)」は、日産自動車にとって「モコ」、「クリッパー」に続く新しい軽自動車であり、これにより商品ラインアップがさらに充実し、お客様の幅広いご要望にお応えすることが可能となる。
「OTTI (オッティ)」は、幅広い層に訴求するシンプルなエクステリアと、扱いやすさと開放感のあるインテリアを持ち、余裕の空間を持ちながら立体駐車場にも入れられる全高や、豊富な収納スペースなどを特長としている。また、大きなガラスエリアとスクエアなボディによる運転のしやすさとともに、扱いやすさと高性能をバランスさせた2つのエンジンと優れたサスペンション組み合わせなどが快適な走行性能を可能にした。
なお、「OTTI (オッティ)」は、三菱自動車工業よりOEM供給を受けるモデルである。

「OTTI (オッティ)」の特長は以下の通り。
●ちょうどいいパッケージ
●かしこい収納
●毎日の運転がとても楽

*「OTTI (オッティ)」車名の由来
イタリア語「OTTIMO(最高)」から発想した造語。全ての要素がコンパクトの中にベストバランスでパッケージされている商品特徴を表現した。

<販売目標台数> 3,000台/月
<取り扱い販売会社> 
NISSAN Blue Stage:日産系、モーター系各販売会社
NISSAN Red Stage :サティオ系、プリンス・チェリー系販売会社
*全車種取り扱い店(NISSAN Red & Blue)を含む
<発表展示会> @ 6月18日(土)、19日(日) A 6月25日(土)、26日(日)

<車両概要>
1. 「機能感」、「開放感」を表現したスマートなフォルム
・安定感のあるスクエアボディと、そのボディ形状との統一感を演出した「シカク」グリルパターン。
・RS/RXシリーズのグリルは、「シカク」のパターンをベースに、より明快にスポーティ感を強調。
・ランスブルーをはじめとする、個性的な10色のボディカラー。

2. 「機能感」、「開放感」と「新しさ」を融合させたスマートなインテリア
・操作系をセンターに集中させ、収納を左右に振分けて配置した使い勝手の良いダッシュボード。
・センターメーターによる特徴的なインストデザイン。
・RS/RXシリーズにはスポーティ感を高めるデジタルスピードメーター&アナログタコメーター、合成革巻3本スポークステアリングを採用。

3. 実用性
・広く居心地の良い居住空間と扱いやすいボディサイズの両立。
・毎日の扱いやすさを考えた、大きなガラスエリアによる広い視界。
・立体駐車場にも入れられる1550mmの全高。
・各席乗員の用途に合わせて設定された多彩な収納。

4. メカニズム
・街乗りに最適な扱いやすさと経済性を両立させた3G83エンジン。
・街乗りから高速道路、山坂道まで、パワフルでゆとりある走行が楽しめる3G83インタークーラーターボエンジン。
・用途に合わせた3種類のトランスミッションをラインナップ。
・3G83インタークーラーターボエンジン車のサスペンションは、フロントスタビライザーを強化、パフォーマンスロッドおよびリヤスタビライザーを追加し、高い操縦安定性を実現。

5. 安全/環境
・ABS、EBD、ブレーキアシスト、ハイマウントストップランプを全車に標準採用。
・2WD 3G83エンジン車が平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)*1、4WD 3G83エンジン車および3G83インタークーラーエンジン車は平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)*1に適合。また2WD/4WD 3G83エンジン 5MT車は「平成22年度燃費基準+5%」を達成、2WD 3G83エンジン 3AT/4AT車は、「平成22年度燃費基準」を達成し、それぞれグリーン税制の優遇措置*2を受けることができる。

*1: 2000年4月より国土交通省が、一般消費者の選択を通じ、排出ガス低減性能の高い自動車の普及を促進するために開始した低排出ガス車認定制度。2003年9月に「平成17年排出ガス規制(新長期規制)」が制定されたことを受け、同年10月に制度が改訂され、NoxおよびNMHCの排出量の低減レベルが基準より50%低減した「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」と75%低減した「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」の2種類が設定された。
*2:グリーン税制適合車には、2006年3月31日までの新規登録車に対し、自動車取得税減税(自家用車の場合10,000円の減税)が適用される。但し、オーテック扱い車種は持ち込み登録のため適用除外となる。

<全国希望小売価格(消費税込み)>


日産自動車の関連会社である(株)オーテックジャパン(神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、今回の「OTTI」の発売を機に、ライフケアビークル(LV) *「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」を設定し、6月7日より全国一斉に発売する。

オッティ「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」 (2WD)
オッティ「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」 (2WD)

*: ライフケアビークル…日産自動車グループでは、生活のいろいろなシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、
福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいる。

<OTTI 「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」車両概要>
助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への移乗が楽に行える車両である。さらに、ドア開口角度を拡大し、実用性を向上している。

<取り扱い販売会社> 
NISSAN Blue Stage:日産系、モーター系各販売会社
NISSAN Red Stage :サティオ系、プリンス・チェリー系販売会社
*全車種取り扱い店(NISSAN Red & Blue)を含む

<全国希望小売価格(消費税込み)> 
                                                       (単位:円)

※オーテック扱いディーラーオプションの「車いす固定用ゴムネット」を装着した場合は、車両(オプション含む)の消費税が非課税となる。

以上

 

NISSAN