NISSAN
NEWS PRESS RELEASE
印刷する|閉じる

2004年11月08日


「スカイライン セダン」をマイナーチェンジ
あわせて「クーペ」を一部改良


スカイライン クーペ350GTプレミアム(2WD)


スカイライン セダン350GTプレミアム(2WD)


「セダン」のマイナーチェンジでは、エクステリアは高級感と低重心感を強調し、よりプレミアムでスポーティなスタイリングとした。インテリアは、本アルミの採用など素材やデザインにこだわり、よりスポーティで上質な室内空間とした。内装色は、好みに応じて選べる「シルキーエクリュ」と「ブラック」の2色を採用した。メカニズムについては、VQ35DEエンジン車にマニュアルモード付5速オートマチックを設定した。また、350GT-8および350GTプレミアム(6MT)には18インチタイヤを採用し、4WD車については制御方式を変更した。なお、今回のマイナーチェンジにともない、車種体系の見直しも行った。

「クーペ」の一部改良では、エクステリアは、ボディカラーに新色の「レイクショアーブルー」の設定、19インチ鍛造アルミロードホイールの採用などにより、スポーティなスタイルにさらに磨きをかけた。インテリアは、セダン同様に本アルミ材を採用し、質の高い空間を実現した。

さらに、セダン、クーペともにVQ35DEエンジン搭載車が「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」*1の認定を受けている。

1:2000年4月より国土交通省が、一般消費者の選択を通じ、排出ガス低減性能の高い自動車の普及を促進するために開始した低排出ガス車認定制度。2003年9月に「平成17年排出ガス規制(新長期規制)」が制定されたことを受け、同年10月に制度が改訂され、NoxおよびNMHCの排出量の低減レベルが基準より50%低減した「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」と75%低減した「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」の2種類が設定された。

<販売目標台数>          セダン 1,000台/月

<取り扱い販売会社>

NISSAN Red Stage :サティオ系、プリンス・チェリー系販売会社

*全車種取り扱い店(NISSAN Red & Blue)を含む

<仕様・装備の主な変更点>

【セダン・クーペ共通】

・ソフト素材のインストルメントパネルを採用し品質感を向上。

・センタークラスター、ATシフトノブ、ドアアームレストグリップに本アルミを採用。

●装備

・チルトメーター&チルトステアリングにテレスコピック機能を追加。

・カーウイングス対応のTV/ナビゲーションシステムの採用(メーカーオプション)

●メカニズム

・マニュアルモード付5速ATに「シンクロレブコントロール」を新採用350GTプレミアム)

6MTの操作性向上とレバー振動の低減 など

【セダン】

・フロントグリル、フロントバンパー、フードパネル、ヘッドランプ、リヤバンパー、リヤコンビネーションランプ、17インチアルミロードホイール意匠変更

18インチアルミロードホイール新設定(350GT-8および350GTプレミアム(6MT))

・新色レイクショアーブルー(M)、ウォームシルバー(TM)を含む全6色の設定 など

●インテリア

・シルキーエクリュ<C>、ブラック<G>2色の内装色採用 * Mはメタリック、TMはチタンメタリックの略。

●装備

・前席アクティブヘッドレスト、後席中央席ELR付3点式シートベルト全車標準採用 

・インテリジェントキーの設定(エンジンイモビライザーとセット、一部グレードに標準またはメーカーオプション)

・ヒーター付ドアミラー、エアコン左右独立温度調整機能の全車標準採用 など

●メカニズム

・スノーモード付アテーサE-TSの多板クラッチ制御を油圧から電磁式へ変更 など

【クーペ】

19インチ鍛造アルミロードホイールの新設定

・新色のレイクショアーブルー(M)を含む全5色の設定

●メカニズム

・スポーツチューンドサスペンション採用(19インチタイヤ車)など

<全国希望小売価格(消費税込み)>



今回のマイナーチェンジに伴い、「スカイラインセダン」「スカイラインクーペ」をベースとしたオーテックジャパン取り扱いのライフケアビークル(LV)*「ドライビングヘルパー」についても継続設定する

*:  ライフケアビークル…日産自動車グループでは、生活のいろいろなシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいる。

(了)

 

  NISSAN