NISSAN
NEWS PRESS RELEASE
印刷する|閉じる

2001年07月02日


新型「スカイライン」受注状況について

〜発売後2週間で月販目標の2倍、4,000台を突破〜


 

 日産自動車が6月18日に発売した新型「スカイライン」の受注が、発売後2週間で月販目標の2倍の4,000台を突破し、非常に好調な立ち上がりとなっている。尚、3リッターの上級グレードが全体の4割を占めている。受注状況及びその内容については以下の通り。

1. 受注台数 累計受注台数4,200台(7月1日現在)
              (6月18日発売、月間販売目標: 2,000台)

2.受注内容・内訳(< >内は当初予測構成比,単位:%)

【エンジン別】

VQ25DD

60%

<57%>

VQ30DD

40%

<43%>


【グレード別】

250GTe

3%

<6%>

250GT

35%

<33%>

250GT Pコレクション

12%

<9%>

250GT Sコレクション

13%

<9%>

300GT

14%

<17%>

300GT Pコレクション

10%

<13%>

300GT Sコレクション

13%

<13%>


【主要ボディカラー別】

フレアレッド

6%

<5%>

ダークブルー

6%

<10%>

ライトブルー

3%

<10%>

シャンパンシルバー

14%

<15%>

ダイヤモンドシルバー

49%

<35%>

ホワイトパール

22%

<25%>


4. お客さまからの反響

上質さとスポーティさをバランスさせたエクステリアデザインが好評を得ている。
ロングホイールベースがもたらす広い室内と、多くの収納スペースを備えた使い勝手の良い快適な室内が好評を得ている。

尚、新型「スカイライン」の受注好調などに伴い生産を担当する栃木工場では、7月は3日程度の休日出勤による増産対応を実施する予定である。

以 上

 

  NISSAN