技術

現在位置
TOP > ライセンスビジネス > ライセンス事例>

生産プログラムのミス防止"設備インターフェイス信号バーチャル確認ソフト"


バグの事前確認 "設備インターフェイス信号バーチャル確認ソフト"

ICTによる工場マネジメントノウハウ

日産自動車株式会社は、ICTによる工場マネジメントに取り組んでおり工場の生産設備からデータを自動収集し稼働監視や品質管理システムと連動させ故障ゼロや設備の信頼性向上に取り組んでおります。
しかしながら工場の生産設備は、CNC,PLC,RCなど様々な機器及びメーカで構成されており、工場設備と情報システムのネットワーク化に多大な工数を要します。
このような課題に対し当社は設備間インターフェイスの共通化や信号情報の統制を行っておりますが、その一部のノウハウの使用を株式会社シーイーシーに許諾し、両社で設備導入時の外部インターフェイス信号デバッグソフトウェア「Sequence-Eye(シーケンスアイ)」を共同開発しました。

Sequence-Eye特徴

ネットワーク化された環境へ設備導入する場合、課題の1つに情報システムや他設備と連携する為にインターフェイス信号の内容やタイミングを確認ことが挙げられます。
上記は、実ラインに機器を持ち込み確認する必要がある為、テスト期間が限られる,テストエラーにより手戻りが発生した場合に修正工数だけでなく再テスト期間の調整が必要になるなど、非効率な面が多くみられます。
Sequence-Eyeは、導入設備とインターフェイスを持つ情報システムや他設備の疑似環境をPCに作成し、従来実ラインで行っていたテストを仮想環境で行う事が出来ます。
Sequence-Eyeには以下の特徴があります。
① インターフェイス信号の内容確認を、デバイスマップに従い確認できる
② インターフェイス信号のタイミングをタイミングチャートで確認できる

Sequence-Eye 特徴,情報システム,品質管理,稼働監視,信号キャプチャ機能,ライン,CNC,PLC,シナリオ実行機能

お問い合わせ先

日産自動車株式会社
経営戦略本部 テクノロジービジネス部
〒243-0192
神奈川県厚木市岡津古久560-2
Tel: 050-2029-5622
Fax: 046-270-1528
Email: technologysales@mail.nissan.co.jp
http://www.nissan-global.com/JP/LICENSE/

株式会社シーイーシー
企画部
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
Tel: 03-5789-2442
製品情報: http://vrr.cec-ltd.co.jp/product/sequenceeye/
get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader6.0以上のプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。

ページトップへ