環境への取り組み

現在位置
TOP > 環境への取り組み > クルマでの取り組み > ゼロ・エミッションモビリティの推進

ゼロ・エミッションモビリティの推進


ゼロ・エミッション社会へ向けた包括的な取り組み

持続可能な社会の実現には、走行時にCO2を全く排出しないゼロ・エミッション車の普及が有効な手段となります。そのためには、ゼロ・エミッション車を単に生産・販売するだけではなく、社会インフラを整備し普及を促す経済性を確保する必要があり、企業単独では実現できません。ゼロ・エミッション車である電動車両の投入・普及を企業戦略のひとつとして位置づけているルノー・日産アライアンスは、「ゼロ・エミッション車でリーダーになる」というコミットメントを掲げ、開発・生産を強化するとともに、各国政府、地方自治体、電力会社やその他業界とパートナーシップを締結しながら、ゼロ・エミッションモビリティの推進およびインフラ構築のための検討を進めています。

さらに、リチウムイオンバッテリーの生産、バッテリーの二次利用やリサイクル、内製急速充電器の生産・販売、充電インフラの整備、他社との充電方式の標準化推進など、ゼロ・エミッション車を軸に包括的な取り組みを進めています。

ゼロ・エミッション車の普及によって、人々のライフスタイルが変わり、新たなモビリティ社会が誕生する可能性が生まれます。日産はEVのみならず、EVがもたらす新たな価値を提案していきます。

詳細はこちらをご覧ください。

スマートグリッドを実現する電力供給システム"LEAF to Home"




「日産リーフ」はパワーコントロールシステムと組み合わせることにより、一般住宅に電力を供給することが可能になります。このシステムは、一般住宅の分電盤に直接接続し、コネクターを「日産リーフ」の急速充電ポートへつなぐことで、駆動用の大容量リチウムイオンバッテリーに蓄えた電気を住宅へ供給することを可能とし、走行中のゼロ・エミッション実現に加え、EV用バッテリーがもたらす新たな価値を提供します。また、コネクターはグローバルに使用実績がある、CHAdeMO協議会の急速充電プロトコルに対応しており、高い汎用性や安全性、信頼性を確保しています。

"LEAF to Home"は、夜間電力や、太陽光発電といった再生可能エネルギーで発電した電力を使って「日産リーフ」に充電し、蓄えた電気を日中の電力需要が高まる時間帯に使用することで、家庭への安定した電力供給や電力消費のピークシフトに貢献します。また、停電時や非常時などには、バックアップ電源としての活用が可能です。加えて、料金の安い夜間電力を日中に活用することで、電気料金の節約も期待できます。


NATCにおける“Vehicle to Building”実証実験

2013年7月には"LEAF to Home"を応用し、複数の「日産リーフ」を同時に接続できる"Vehicle to Building"の実証実験を日産先進技術開発センター(NATC : Nissan Advanced Technology Center /神奈川県厚木市)にて開始しました。"Vehicle to Building"は最大6台の「日産リーフ」を同時に接続し、オフィスビルやマンションなどの建物に電力を供給するシステムで、電力需要がピークになる時間帯に給電することで、ピークカットによる電力コストの削減を可能にします。同センターにおける実証実験では、ピーク時の電力を約2.5%削減することができました。日産は、本システムの運用面での課題を洗い出し、社外での実証実験へとつなげていく計画です。

ページトップへ