環境への取り組み

現在位置
TOP > 環境への取り組み > 環境への考え方 > ニッサングリーンプログラム 2016

ニッサン・グリーンプログラム 2016

日産の環境理念である「人とクルマと自然の共生」の実現のために、中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム」を推進しています。この活動はクルマづくりに携わる開発・生産部門はもちろん、営業・サービス部門をはじめとする企業全体で推進しています。具体的には、環境行動計画を策定し、企業活動に関係する環境側面に対する目標・計画を中長期ならびに年度毎に設定し、継続的な改善に取り組んでいます。

「ニッサン・グリーンプログラム 2016」

2011年10月24日、2016年度までの6ヵ年中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2016 (NGP2016)」を公表しました。

現在、新興国を中心とした人口増加や経済発展により、エネルギーや資源の需給の逼迫、価格高騰、生態系の劣化といった影響が危惧されています。「NGP2016」では、前計画「NGP2010」で投入した環境技術を幅広く市場に普及、拡大させ、また社会にさまざまな循環をつくることで、当社の企業活動による環境への負荷、資源利用と生態系サービスとの共存を図ることに主眼を置いています。また、2011年6月に公表した中期経営計画「日産パワー88」実現に導く重要な戦略と位置づけています。


長期的に日産車の販売台数増加を計画している中、「ニッサン・グリーンプログラム」に基づく活動を積極的に推進することで、2020年代中に新車と日産の企業活動からのCO2排出量をピークアウトさせること、また新たに採掘する天然資源の使用量を2010年のレベルで維持していくことができると試算しています。

「ニッサン・グリーンプログラム 2016 (NGP2016)」取り組み一覧

※表をクリックすると拡大表示されます。

「ニッサン・グリーンプログラム 2016 (NGP2016)」取り組み一覧

ページトップへ