NISSAN DESIGN

現在位置
グローバルトップ > デザイントップ > 日産デザイン > どこにもないクルマをつくる!カーデザイナーの仕事

  • どこにもないクルマをつくる!カーデザイナーの仕事

    日産自動車・カーデザイナー
    岡本麻衣
    (おかもと まい)
    撮影:岡本好明
    当サイトに掲載の文章・写真等の無断転載を禁じます。

  • カーデザイナーってどんな仕事?

    街に走っているたくさんのクルマ。カタチや色もさまざまですが、どのクルマも
    カーデザイナーの1枚のスケッチから始まります。まだどこの街にも走っていない、
    新しいクルマをつくる。それがカーデザイナーの仕事です。

    クルマの絵をかいているね。
    ここからどうやって
    クルマが出来るんだろう?
  • 拝見!お仕事道具

    カーデザインの仕事に使う道具の一部を紹介します。
    みんなが持っているものもあるかな?

    クルマの絵をかいているね。
    道具はもちろん必要だけど、
    自由な発想が何より大切!
  • スケッチをかく!

    かっこいいクルマ、かわいいクルマ、大きなクルマ、小さなクルマ…
    いろんなコンセプトに沿って、新しい発想でたくさんのスケッチをかきます。
    みんなにとって乗りやすいクルマ、そして安全なクルマとは?
    絵をかくことでそれをカタチにしていきます。

    どんなクルマが出来るか
    ワクワク。カーデザイナーの
    腕の見せ所!
  • 3Dにする!

    実際にクルマが出来上がったときのイメージをふくらませるため、
    手がきのスケッチを、コンピュータで立体的な3次元データ(3Dデータ)にします。

    3Dのデータをつくる
    専門のモデラーがいるよ。
    3Dのデータは前・横・後ろ、
    さまざまな方向からクルマを見ることができるから、
    いろんなシミュレーションが可能なんだ。
  • クレイモデルをつくる!

    スケッチや3Dデータをもとに、本物と同じ大きさのモデルを粘土(クレイ)でつくります。

    もっと削らないと。
    もう少し盛り付けて…。
    本物のクルマと同じ
    大きさでつくるの?!
  • 色やインテリアを決める!

    カーデザイナーはクルマの外観(見た目)を決めるだけではありません。
    クルマの色やクルマの中(インテリア)を考えるのもカーデザイナーの仕事です。

    キレイな色ですね。
    どっちが良いかしら…?
    クルマは外を走るもの。
    だからボディカラーは、
    日光の下で確認するんだ。
  • いよいよ最終確認!

    大きな画面に実物と同じ大きさのクルマの写真を映し出して、
    みんなで最後の確認をします。

    かっこ良く出来たね。
    ここのカタチを工夫しました。
    最終確認に合格した
    クルマだけが
    商品化されるんだね。
  • デザイン完成!

    いろいろな人の協力とたくさんの工夫と時間を経て、
    1台のクルマのデザインが完成します。

    完成!
    カーデザイナーの仕事、
    分かってもらえたかな?
    みんなはどんなクルマに乗ってみたい?
    未来のクルマをつくる仕事って、
    とても面白そうだね!
  • いろんなクルマのデザイン

    クルマにはたくさんの種類があります。
    それぞれの使い道に合わせてデザインします。
    シルエットにマウスを重ねて見よう。

    どのクルマも乗る人にとっては
    たった1台のクルマ。カタチや色を考えながら、
    1台1台大事にデザインしています。

    救急車のような「働くクルマ」を
    デザインすることもあるんだね。

  • カーデザイナーに質問

    カーデザイナーになるにはどうすれば良いですか?

    たくさん絵をかくこと。そしていろいろな経験をして
    自由な発想を持てるようにしておくと良いと思います。

    カーデザイナーの仕事のやりがいは何ですか?

    1台のクルマのデザイン完成までには長い時間がかかり、多くの人と
    協力していく必要があります。でも、自分のデザインしたクルマに
    笑顔で乗ってくれているのを見たとき、一番の喜びを感じます。

ページトップへ