日産グローバルTOP
プログラム
年間スケジュール
インターンシップレポート
  本プログラムに関する様々なレポートをお届けします
履歴
日産デザインオフサイトインターンシップレポート

日本のものづくりのDNAを受け継ぐ若いデザイナーを育成し ていくことを目的に、2006年に開設された「日産デザイン オフサイトインターンシップ」。オフサイトの運営をまとめるスタジオチーフの西村顕さんに、10年を経たオフサイトの今後のありかた、カリキュラムや指導方針、抱負などについて語ってもらいました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2016年度講師インタビュー(カーデザイナーコース)

日産デザインオフサイトインターンシップではエクステリアデザインの指導を担当したハン ソンウクさん。女性エクステリアデザイナーの立場から、自分らしさをいかにデザインで表現していくか、学生の皆さんに向けて語ってもらいました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2016年度講師インタビュー(デジタルモデラーコース)

日産デザインオフサイトインターンシップではデジタルモデリングの指導を担当した杉山知輝さん。クレイモデラーとしての経験をふまえ、デジタルモデリングのおもしろさと大切さについて、学生の皆さんに向けて語ってもらいました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2016年度講師インタビュー(カラーデザイナーコース)

日産デザインオフサイトインターンシップではカラーデザインの指導を担当したイ ミョンウンさん。様々なジャンルのデザインから導き出される、CMFデザインの魅力について、学生の皆さんに向けて語ってもらいました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2016年度受講生インタビュー

日産デザインオフサイトインターンシップ夏の回を受講された学生さんたちに、座談会形式で感想を伺いました。今回インタビューに参加いただいたのは大津さん、近藤さん、柴田さん、遠藤さん、佐々木さん、星野さん、森さんです。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2015年度講師インタビュー(カーモデラーコース)

日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)ではクレイモデリングの指導を担当した森谷淳一さん。クレイモデラーとしての豊富な経験に基づいて、モデリングの重要性やモデラーの役割について、学生の皆さんに向けて語ってもらいました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2015年度講師インタビュー(カーデザイナーコース)

日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)ではインテリアデザインの指導を担当した中尾明文さん。 学生の皆さんに向けて語ってもらいました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2015年度インターンシップ生インタビュー

2006年に開設した「日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)」も、おかげさまで学校や学生さんのご支援をたくさんいただけるようになりました。
今回は、夏のカーデザイナーコースに参加された周さん、秋山さん、阿部さん、櫻井さん、河田さん、大木さん、カラーデザイナーコースに参加された狩野さん、小金丸さんに座談会形式で自由な感想をお伺いしました。
またクレイモデルラーコースに参加された宇佐美さんにもオフサイトに応募された動機や参加された感想をお聞きしました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2014年度講師インタビュー(カーデザイナーコース)

日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)ではエクステリアの発想法とレンダリング技法の指導を担当した青山一樹さん。青山さん自身、学生時代にオフサイトに参加してカーデザイナーの道に進んだそうですが、その経験も踏まえて、学生の皆さんにメッセージを語ってもらいました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2014年度講師インタビュー(デジタルモデラーコース)

日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)ではデジタルモデリングの指導を担当した石田直大さん。クレイモデラーとしての経験も踏まえた、デジタルモデリングの重要性やモデラーの役割について、学生の皆さんに向けて語ってもらいました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2014年度インターンシップ生インタビュー

2006年に開設した日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)も8年目となり、おかげさまで学生の皆さんにも活動の内容がずいぶん知られてきました。
今回は、夏のカーデザイナーコースに参加された城所さん、古山さん、佐々木さん、徳田さん、平田さん、渡辺さんに座談会形式で自由な感想をお伺いしました。
またクレイモデルラーコースに参加された岸本さんにもオフサイトに応募された動機や参加された感想をお聞きしました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2013年度講師インタビュー(プロダクトデザイン)

日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)ではインテリアの発想法とスケッチ技法を担当した 小針淳志さん。学生のみなさんにとっては馴染みの少ないインテリアデザインでしたが、分かり易いレクチャーにより、本格的なインテリアデザインを全員楽しみながら経験しました。本日はインンストラクターとして学生のみなさんに伝えたいことを熱く語っていただきます。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2013年度講師インタビュー(デジタルモデル)

日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)では主にデジタルモデリングの指導を担当した 望月省吾さん。立体のプロフェッショナルという立場から、今学生の方に伝えたいことを語っていただきました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2013年度インターンシップ生インタビュー

2006年に開設した「日産デザインオフサイトインターンシップ」も8年目を迎え、カリキュラムやスタジオの設備ももますます充実してきました。
今回は、夏のプロダクトデザインプログラムに参加された加藤さん、清谷さん、テーパニットさん、中井さんに座談会形式で自由な感想をお伺いしました。
またクレイモデルプログラムに参加された高橋さんにもオフサイトに応募された動機や参加された感想をお聞きしました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2012年度講師インタビュー(プロダクトデザイン)

日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)ではコンセプトをカタチにどう表現するかというアイディアスケッチを担当していただいた川島剛さん。実はオフサイトの第1期卒業生だったんですね。今回初めてオフサイトの出身者が講師を担当いたしました。オフサイト経験者という立場から、今学生の方に今伝えたいことを語っていただきました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2012年度講師インタビュー(クレイモデル)

日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)ではスケッチ、レンダリングを基にインダストリアルクレイと呼ばれる工業用粘土を用いて、立体を創るクレイモデリングを担当いただきました。立体のプロフェッショナルという立場から今学生の方に今伝えたいことを語っていただきました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2012年度インターンシップ生インタビュー

2006年に開設した「日産デザインオフサイトインターンシップ」も7年目を迎え、カーデザインに興味のある学生の皆さんに広く知っていただけるようになりました。 今回は、夏のプロダクトデザインプログラムに参加された栗原さん、佐藤さん、下横さん、杉松さん、早川さん、松下さん、横井さんに座談会形式で自由な感想をお伺いしました。
またクレイモデルプログラムに参加された小野田さん、低学年対象プロダクトデザインプログラムに参加された古橋さんにオフサイトに応募された動機や参加された感想をお聞きしました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2011年度講師インタビュー(プロダクトデザイン)

日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)ではコンセプトをカタチにどう表現するかというアイデアスケッチのエリアを担当していただいた田中聡さん。ここでは、インターンシッププログラムを通して学生の方に今伝えたいことを語っていただきました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2011年度講師インタビュー(デジタルモデル)

2011年に新しくプログラムに加わったデジタルモデルプログラム。日産デザインオフサイトインターンシップ(以下オフサイト)では主にエイリアスモデリングの指導を担当していただいた福田 光晴さん。ここでは、インターンシッププログラムを通して学生の方に今伝えたいことを語っていただきました。

詳細はこちら
日産デザインオフサイトインターンシップ
2011年度参加学生インタビュー

2011年度は新しくプロダクトデザインプログラムに加え、クレイモデル・デジタルモデルのプログラムを新設しました。また低学年対象のプログラムもプロダクト、モデル両方のコースで実施致しました。今回は、プロダクトデザインプログラムに参加した藤岡幹さんと、クレイモデルプログラムに参加したイ・ヒョンボクさん、低学年プロダクトデザインプログラムに参加した保坂美有さん、低学年デジタルモデルプログラムに参加した田中麻未さんに、応募した動機やインターシップに参加して感じたことなどをお聞きしました。

詳細はこちら