プログラム概要

夢はまず知ることから始まる。 そのきっかけを与えられるのは我々大人だけです。

クルマを所有することがまだ「憧れ」だったあの頃。
家にクルマが納車されたあの朝のこと、そしてそのクルマで家族一緒に出かけたあの日のこと。そんなクルマに対する様々な思い出は、我々大人の記憶の中にも必ず残っていると思います。

1968年に約409万台だった日本の乗用車保有台数も、現在では約5755万台と約14倍にまで増え、この40年間でクルマは「憧れ」から生活を豊かにするアイテムの一つへと変貌を遂げました。

このように日々の生活に最も密着したアイテムとなった現代だからこそ、我々はクルマの持つ楽しさを子ども達に伝えていきたいと思っています。

また、人間同士のコミュニケーションや働く意欲の希薄化を危惧する声が高まっている昨今、相手の気持ちを感じたり、自分が考えていることを相手に伝える能力、将来の夢や目標を持つ大切さ、それは今こそもっと見直されるべき大切なものではないか、と我々は考えています。

デザインという作業はまさにその自己表現そのものです。
使う人の気持ちを考え、そしてそれをカタチという言葉で表現する。

この授業では、現在、日産で活躍している現役のカーデザイナーを派遣し、子ども達にクルマの楽しさと、カーデザイナーという仕事の醍醐味を肌で感じてもらおうと思っています。

無限の可能性を持っている子ども達。
我々はそんな子ども達の可能性を広げ、将来の夢や目標を持つ大切さをこの授業を通してお手伝いできるのではないかと考えています。

我々はこの授業からたくさんの「気づき」が生まれてくることを願っています。

授業プログラム

1授業内容・目的について
2メンバー紹介・授業スケジュール紹介(5分)
3 デザイナーによるプレゼンテーション(20分)

小学校時代からの生い立ちを紹介しながら、なぜ・デザイナーという職業を選んだのか、夢を実現させるために、どの様な努力・勉強をしたかをお話します。
また、自動車が出来るまで多くの人達が関わっている事を、プロセスを交えて紹介します。

4 クルマの描き方教えちゃうよ!(20分)

みんなでデザイナーの描き方をマネしてみよう!“クルマってこうやって描くんだぁ〜”

5休憩(5分)
6 デザインスケッチデモンストレーション(30分)

「あなたが考える未来の車・乗りたい車」をテーマに、事前スケッチを描いて頂きます。
スケッチの中から数枚デザイナーが選定し、お子様方の目の前で書き上げます。リアリティーとスピード感の有るデモンストレーションで、子ども達からは歓声が沸きあがります。
※スケッチ〜モデル完成までのビデオ視聴(5分) …デモンストレーションの時間で同時上映します
デザイナーが絵を書くところからカーモデラーが原寸大のクレイモデルを完成させるまでのプロセスを紹介。

7デザイナーへの質問(5分)
8デザイナーよりお子様方へメッセージ(5分)
9みんなで記念撮影 
 終わり
トータル:90分の授業となります

お問合せ先

2017年度のお申込み受付中

日産デザインわくわくスタジオにご興味のある小学校関係者の方は、FAXにて申し込みを受け付けます。指定の申込用紙にご記入の上、下記までお送りください。