DATSUN DESIGN

現在位置
グローバルトップ > デザイントップ > ダットサンデザイン > カーデザイン・プロセス

カーデザイン・プロセス

~ スケッチから始まるクリエーションストーリー ~

新しいクルマを生み出すのが、カーデザイナーの仕事です。クルマの外観を決めるエクステリアデザインと、内装全体から、シート、ステアリングホイール、メーターといった細部にいたるまでデザインするインテリアデザイン、ボディ色、内装色を決めるカラーデザインがありますが、完成するまでにはそれぞれいくつもの工程があり、各プロセスのプロフェッショナルが力を合わせて、一緒にクルマをつくりあげていきます。
まずカーデザイナーは商品企画の部署から、どんなクルマをつくろうとしているのかという商品コンセプトを受け取ります。市場調査に基づいた情報や説明を聞いたうえで、企画にマッチしたクルマを考え、デザインに落とし込んでいきます。

スケッチ

どんなお客さまがどのような場面で乗られるクルマなのか、ターゲットを具体的に想像しながらスケッチを描いていきます。ときにはクルマだけでなく、街の風景や人物を描き込み、イメージをブラッシュアップさせることもあります。
使うツールは人それぞれ異なり、自分が使いやすいものを使ってデザイン画を描きます。手描きの場合もあれば、コンピュータのグラフィックソフトを使う場合もあります。

デザイン検討会議

出来上がったスケッチは、デザイン検討会議に提出します。スケッチを壁に貼り、デザイナーが自らプレゼンテーションし、デザインに込めた意図を伝えます。こうした会議でコンペティションを繰り返し、数案にまでしぼっていきます。

デジタルモデリング

実際にクルマが出来上がったときの完成イメージを、より具現化するために、コンピュータを使って、2次元(2D)のスケッチから3次元(3D)の立体にモデリングしていきます。
3Dのデータをつくる専門のデジタルモデラーが、デザイナーの描いたスケッチをもとにして、前・横・後ろと全方向から見たクルマをデータ化します。この時点でクルマのかたちを、細部の凹凸まですべて表現します。最終的にはデザイナーとモデラーがデータを見ながら、二人三脚でプロポーションの検討をして完成させます。

クレイモデリング

スケッチや3Dデータをもとに、実物の1/4サイズのモデルを工業用クレイ(粘土)でつくります。このクレイは温めると柔らかくなり、冷めると硬化するという特徴がありモデリング専用のものです。デザインが最終段階まで絞られたら、本物と同じ大きさの1/1サイズのクレイモデルをつくります。
クレイモデルは外観だけでなく、インテリアも細かくつくり込み、人が乗りこめるに仕上げます。実際に見て、触れることができるので、細かなところまでデザイン検証することが可能です。完成したクレイモデルにフィルムを貼って実際の塗装面に近づけ、かたちを際立たせて、屋外でどのように見えるかまで確認します。
クレイモデラーは、スクレイパーと呼ばれる道具でクレイを削ってかたちをつくります。

インテリアデザイン・カラーデザイン

クルマの内部のあらゆるパーツをデザインするのが、インテリアデザイナーの仕事です。シート、インストルメントパネルやドアトリムなどをデザインしながら、車内の空間をどんな雰囲気にするのか、トータルの空間演出をしていきます。インテリアに使う素材も決めるので、あらゆる素材に精通する必要があります。
カラーデザイナーは、クルマのエクステリアとインテリア両方の色と素材を吟味し、デザイン開発をします。クルマは外を走るものなので、太陽光の下でどのように見えるのかを検討し、光の当たった場所、陰になった部分の見え方を確認するなど、きめ細かな部分にも目を凝らします。

最終確認

大画面に、実物と同じ大きさのクルマを投影して、最終的な確認を行います。またデザイナー自ら試作車をつくる工場に出向き、仕上げ品質の確認も行います。。例えばエッジがシャープすぎて、実際に鉄の板でつくる際に鉄板が割れてしまうといったことが発生した場合には、形状をなめらかに変更するなど、当初予定したクルマの性能が変わらない範囲内で、ぎりぎりまでデザインの変更を行うこともあります。最終的にOKが出て、晴れて一台のクルマが完成します。


    ページトップへ