社会貢献の取り組み

現在位置
TOP > 社会貢献の取り組み > 活動プログラム > 人道支援

活動プログラム 人道支援

日産は、世界各地で発生した自然災害の被災地に対して、義援金の寄付や製品・サービスの提供、社員によるボランティア活動などの支援を行っています。災害被災地支援のほかにも、米国の非営利法人「ハビタット・フォー・ヒューマニティ」とのパートナーシップにより、「人々の生活を豊かに」というミッションの実現に向けて世界各地で取り組んでいきます。

Habitat for Humanityとのパートナーシップ

日産は、米国の非営利法人Habitat for Humanity Internationalとのパートナーシップにより、2006年からアメリカやオーストラリア、アジア各国で支援活動を行っています。同団体は、新興国や被災地などにおいて、住居を提供することにより人々の生活向上を図り、持続可能なコミュニティを開発することをミッションとしています。各国の日産社員もボランティアとして活動に参加しています。

東日本大震災における支援活動

2011年3月に発生した東日本大震災の被災地を支援するため、日産は募金や車両の提供、従業員のボランティア活動など、さまざまな取り組みを行ってきました。被災された方々が本来の生活を取り戻す日まで、息の長い支援活動を継続していきます。

モバイル・アイ・クリニック (南アフリカ日産)

南アフリカ日産では、地方の村の子どもたちも十分な眼科治療を受けてもらえるよう、"インタースター"に治療に必要な機材を取り付けて1台寄贈しました。2007年には4,000人もの児童が治療を受けることができました。

ページトップへ