社会貢献の取り組み

現在位置
TOP > 社会貢献の取り組み > 活動プログラム > 環境への配慮

活動プログラム 環境への配慮

2016年度までの6ヵ年中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2016(NGP2016)」を発表しました。本計画では、低炭素化、再生可能エネルギーへの転換、そして資源の多様化という三つの分野を、最重要課題として取り組んでいきます。日産は社会貢献活動として「日産わくわくエコスクール」を継続的に神奈川県内で実施しています。これからを担う次世代の方々に高い環境意識を育んでもらえるよう、すぐれた商品を活用した教育支援活動を行っていきます。

出張授業

日産では「教育への支援」、「環境への配慮」、「人道支援」を社会貢献活動の重点分野として取り組んでいます。
「教育への支援」の活動の一環として、小学生を対象とした3つの出張授業を実施しています。
いずれも、自動車メーカーならではのノウハウを生かした体験型授業です。

EVデモンストレータープログラム

2012年度のプログラムとして、フリート・フォーラムと共に「EVデモンストレータープログラム」を行なっています。NPOの日常の移動手段において環境負荷低減をサポートするため、スイス・イタリア・イギリスを本拠地として活動する国際的なNPOに無償で電気自動車「日産リーフ」を貸し出すプログラムです。

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターとの協働

日産は2006年2月に締結した覚書に基づき、早稲田大学と複数の分野で連携しています。社会貢献分野においても「早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)」と連携した活動を行っています。

参考)ニッサン・グリーンプログラム2016

2016年度までの6ヵ年中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2016(NGP2016)」を発表しました。本計画では、低炭素化、再生可能エネルギーへの転換、そして資源の多様化という三つの分野を、最重要課題として取り組んでいきます。

ページトップへ