社会貢献の取り組み

現在位置
TOP > 社会貢献の取り組み > 活動プログラム > 教育への支援

活動プログラム 教育への支援

日産自動車は従来より「次世代育成」という観点を重んじて社会貢献活動を行ってきました。その歴史は引き継がれ、現在も重点三分野の一つとして「教育への支援」を掲げています。長い歴史を誇る「日産 童話と絵本のグランプリ」などに加え、新たに「日産モノづくりキャラバン」や「日産デザインわくわくスタジオ」など、日産の本業の強みを活用したオリジナルプログラムも立ち上げています。未来を担う次世代の児童、若者の心を豊かにはぐくむ活動を心がけ、また教育機関などとも連携しながら実りある活動を今後も継続的に行っていきます。

日産 童話と絵本のグランプリ

「日産 童話と絵本のグランプリ」は、アマチュア作家の方を対象にした創作童話と絵本のコンテストです。1984年に創設され、数々の優れた作品を生み出してきました。

出張授業

日産では「教育への支援」、「環境への配慮」、「人道支援」を社会貢献活動の重点分野として取り組んでいます。
「教育への支援」の活動の一環として、小学生を対象とした3つの出張授業を実施しています。
いずれも、自動車メーカーならではのノウハウを生かした体験型授業です。

FIAアクションフォーロードセーフティ

国際自動車連盟(FIA)が立ち上げた、世界規模の交通安全向上キャンペーン。日産は2014年にFIAとパートナーシップを組み、共に協力し合いながらアクションフォーロードセーフティを通して、交通安全についての教育を進めています。

日産アートアワード

将来性のある日本の優れたアーティストに着目し、活躍を支援することを目的とした活動です。2013年より隔年で開催します。本アワードが日本の文化の発展の一助となり、同社はもとより社会や人々に新たな発想や刺激が与えられることを目指しています。

在日ブラジル人コミュニティ向け事業支援

在東京ブラジル総領事館が在日ブラジル人コミュニティ向けに行っている心理相談事業を支援します。

オフサイト・インターンシップ

自動車デザイナーを目指す学生に対し、日産のデザインプロセスに則した本格的なトレーニングを行う事を目的としたオフサイトインターンシッププログラムを実施しています。

日産日本問題研究所

日産の寄付により、1981年、英国オックスフォード大学内に設立。現在では、ヨーロッパにおける現代日本研究の主要拠点のひとつとして広く知られており、日欧の相互理解の促進に寄与しています。

ページトップへ